2017年 04月 17日 ( 1 )

 

倉ノ谷集会所で議会報告会(A班)が開催されました~

 A班(◎南 靖久、田中 勲、小川公明、三鬼和昭、高村泰徳 ~◎班長、敬称略~)の議会報告会3ヶ所目は倉ノ谷集会所でした。

a0196709_23462601.jpg

 倉ノ谷集会所に着いた頃には昼間から降り出した雨が激しくなり、誰も来てくれないのではないのだろうとかと心配し出すも、定刻となると・・・、7人の参加がありました。安堵しました (^_^)

 この会場では、班長の南 靖久議員が説明役を~

 前回の三木浦コミニュティセンターでは小学校再編問題、そして梶賀コミュニティセンターでは地域おこし協力隊とか移住定住等についても、地域の特長や課題として話し合われましたが、ここの会場では、尾鷲総合病院経営についての質問が多く出ました。特に地元の民間企業で責任ある立場にいた経歴を持たれる方は企業会計を理解されており、一般会計及び地方交付税、そして、地方交付税の中に含まれる病院分の説明を議員側からすると十分に理解をしていただけたことや、平成28年度3月31日付における損益計算書の純損失6千390万8千円に対し、減価償却費2億2千5万9千円であることから一時借入金4億5千万円が当該年度損益の現金不足のみだけではなく、収支見込みや一般会計からの繰入ではなく4条予算にある医療機器等の資産的な支出に関連して、現金不足を補うための一時借入金(民間でいう短期借入金)が発生したことを説明すると〜理解していただけたのではと・・・、当然、電子カルテの導入とも併せて資本的支出は増額していることが決算に表れています。また、医師手当増による当該年度の支出増も否めないが、医業収益を堅持するための医師確保に対する考え方を否定することも難しいとの見解についてうなずかれていました。

 確かに、ただいま議論が集中しているリニアック整備については反対している議員はいないことから、一般会計における財政状況と病院事業収益(医業収益)の状況の判断、それに資源を集中的に投下する「選択と集中」のなかで施策の優先順位の結論を出すという、新たなる執行権者たる首長の決断が総てのように思われる・・・

 勿論、有利な補助金の活用ができればと全議員が、それを望み考えていることも事実である。

 病院への繰入金の考え方や企業債(借入金)やその償還金等を含め、現執行部もリニアック導入について考慮していることも否めないと思える。これだけいろんなところでリニアック整備の話題が出るのであるから、市長及び執行部は、どちらにしても『理』を以て市民のみなさんに対する説明責任がこれまで以上に伴ってきたのである。

 地元新聞を持って質問をされるシーンもあり議員側の言葉足らずなのか~と考えつつも、今回の会場ではその新聞記事の発言の意味するところ、言わんとしている内容について質されていたので議論が深まったような気がしました。議員側も各論だけのような物事の解説だけではなく、市の現状や病院経営の現状等も鑑み議論することも必要不可欠のように思える~~、複数の議員が発言することから簡潔に説明すべきであっても、専門的なことはなかなか伝わりにくく難しいことでもある。

その他にも、市役所の耐震問題や庁内について、或いは地下歩道の件などについても、発言をいただきました。

 B班も大滝集会所で議会説明会を開催しましたので、雨天の中、会場へお越しいただいた市民のみなさんにお礼申し上げます。


Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif

[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-04-17 22:03 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE