<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

一般質問を行ないました~

 6月21日(火)午前10時より登壇し、一般質問を行ないました。
 以下は、壇上にて読み上げた第一回目の質問の内容です。この後、質問席から一問一答方式で詳細について問いましたが、その内容については尾鷲市ホームページの尾鷲市議会情報で録画放送が配信されていますのでご覧ください。

a0196709_0241334.jpg

 
                             平成28年6月21日(火)

   平成28年第2回定例会 一般質問

                         
7番  三 鬼 和 昭

質問事項及び質問の要旨
  1.まちの活性化について
    (1)小原野地区の有効利活用について
  2.防災について
    (1)オワセグの設置状況と課題について
    (2)オワセグによる情報提供のあり方につい て
    (3)津波避難タワーについて
    (4)防災用品等の備蓄の在り方について
  3.尾鷲総合病院について
    (1)現時点での課題について
    (2)リニアック(放射線治療装置)の整備について   
4.ICT教育について
    (1)現在の取り組みについて

 通告に従い一般質問を行ないます。

 最初に、多様的な意味合いでの「まちの活性化について」、特に小原野地区の有効利活用について問いたいと思います。
 この小原野地区の有効的な利活用については、過去に一度この場に於いてご提案させていただいたことがあります。
 それは県営の総合スポーツ公園整備を要請してはどうかと言うことでありました。しかし、その後、広域でのゴミ処理施設等の整備用地としても議論が「無きにしも非ず」な状況があったことから発言を差し控えていましたが、やはり、南海トラフを震源とする地震による大津波を想定すると、万が一の防災対策の必要性は言うまでもなく、一方では、まちの活性化も施策として置き去りにするわけにはできないのが現在の尾鷲市ではないでしょうか。

 そこで再度、小原野地区の有効利活用について考えたいと思います。折しも、ただ今、第6次総合計画の後期基本計画を策定中でもあり、まち活性化とともに防災対策としても備えるべく、改めて県への総合スポーツ公園整備の要請であります。
 思い起こせば、20年近く前に議員としてなりたての頃、新人ではありましたが2年続けて地域振興対策特別委員長を仰せつかり、杉田市政による第四次総合計画の審査を担当させていただきました。
 その策定された中には、確か賀田湾沿岸の名柄地区をイメージした総合スポーツ公園構想が示されていましたが、その構想は成就されず、後に、当時の海山町大白地区に県営のスポーツ施設が整備され、総合計画策定に関わった同世代の職員が歯ぎしりをしていたことを鮮明に覚えています。

 先般、尾鷲観光物産協会と総務産業常任委員会が意見交換した折にも、温暖な地を活かしたスポーツによる集客交流を提言されており宿泊施設の不足等も述べられていました。

 小原野地区に合宿等も可能な宿泊施設を備えたスポーツ公園を整備できれば、まちの活性化や市民のスポーツ振興にもつながり、もしも津波等による被災時には、そこを有効活用できます。
尾鷲北インターと南インターがつながるまでに、市の施策として考えるべきではないでしょうか。県に対しても地元選出の県議会議員さんとともにお願い、いや、訴えるべきではないでしょうか。岩田市長の考えをお聞かせください。


 2番目の質問は、防災について市の現状を伺いたいと思います。

 先ずは、屋内防災無線としてワンセグ放送を活かした「オワセグ」の設置状況と未整備及び受信確認等の課題についてご説明を求めます。
 次に、情報提供のあり方についてでありますが、現在、各課の諸々のお知らせの放送、或いは事案により、その都度放送されており、利便性が向上しつつあるワンセグ放送をより認知していただくことに努められていることが窺がえます。
 しかしながら、市民から聞いたお話では、急に大きな音声でびっくりしたので電源を切ってあるとかの意見もあり、使用方法を認識していただく手段とか方法も考えなくてはなりません。また、一方では居間の中心部へ設置し議会中継等を楽しまれている方もいると伺っておりますが、何といっても究極は、いざというときにこのオワセグが機能し、市民の生命を守れるかということであり、テレビの20%を超えたとかの視聴率結果とは違い、このワンセグは100%の受信でなければならない使命を持っていることや、市民生活を守るという見地から、今後の取り組みについて考えをお聞かせください。

 そして防災のハード面として、市民の生命を守るという意味では津波避難タワーの整備がかなり遅れています、これまで先進地事例を視察して整備手段を伺ったりしてきましたが、特に総務産業常任委員会で視察をさせていただいた中でも、隣接する熊野市や紀北町では、何故この場所に整備したとか、どのような建物にするかとかについて、行政のみならず、そこに住む住民との議論を重ね道理に叶った整備が行なわれていること、ハード整備の前に、いわゆるソフト部門の取り組みが充実していることを意識せざるを得なかったのでした。
 そういった意味合いからも本市の取り組みについても論理的のみではなく、市民生活に密着した取り組みを望みたいと存じますが、この取り組みに対する市長の考えを伺いたいと思います。

 もう一点は、防災用品の備蓄についてですが、現在、本市は民間施設とも防災協定を結んでいますが、施設によっては避難者には乳幼児や老人も想定されており、飲料水とか食料や毛布等、或いは簡易便器等も含め、少なからずとも被災時には安全確認ができるであろう最低減の一泊二日くらいの防災用品を、防災協定を結んでいる施設にも備蓄していただくべきだと思いますが、防災施策の中でそういった考えとか、取り組みをされようとする議論はなかったのですか、市長に気持ちはございませんか、お答えください。
(夢古道おわせの厨房の整備に関し、津波時の後方支援としての役割から、耐震性は大丈夫か、お米を備蓄するサイロ等を併せて整備するべきではないか)


 3番目は尾鷲総合病院についてですが、現在、三重県地域医療構想が策定されており、各論においては東紀州区域地域医療構想として、この地域の関係者において議論されています。
そこで、この地域医療構想での尾鷲総合病院の位置づけをご説明していただき、特に、課題についてお示しください。

 また、財政的に厳しい中でも尾鷲総合病院の365日24時間、患者を受け入れている体制や取り組みについて敬意を表するものですが、医療人口の減少や医療機器の更新等の現況、一時借入金の現況も含め、病院運営に係る課題についてもご説明ください。

 もう一点は、県のがん診療連携推進病院に指定されている当病院にとって、リニアック(いわゆる放射線治療装置)は現時点で必要不可欠な医療機器と言えるのではないでしょうか。
これまでにも同僚議員から異口同音にこの問題について発言がありますが、現在、この利用不可能になっているリニアックについて新規に更新されるのか、されるのであればその計画を具体的にお示しください。

(ここでも、地元選出の県議会議員さんとともに県行政に訴えるべきではないか。)


 最後の質問は、義務教育におけるICT教育についてです。別名、情報通信技術教育とか情報コミュニケーション技術教育と言われていますが、こういった教育について現状について伺いたいと思います。
 学校教育の場にICT、いわゆる情報通信技術を活用することですが、学校行事等をデジタルカメラで写したものをノートパソコンにプロジェクターを接続し再現する手法は既に取られていると思われますが、最近ではタブレット型端末を用いた教育がすすめられており、教師と生徒のコミュニケーション、或いは生徒同士の学習内容の共有などが容易に行われるようになり、児童・生徒の主体的な学習活動への参加や、学習意欲、思考力、判断力の向上につながることが期待されているようです。

 2013年(平成25年)12月に総務省及び文部科学省は、「フューチャースクール推進事業」「学びのイノベーション事業」などのICT教育事業を行なっており、その成果に基づきICT利活用推進等のガイドラインが策定、そして公表されているようで、2019年(平成31年)までに全児童生徒に一台ずつの情報端末を整備することが予定されていることから、本市の現状をご説明してください。


 一般質問通告者が5人の議員だったことから、明日は休会となり、明後日午前10時から総務産業常任委員会の議案審査等が始まります。



初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-06-22 00:27 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成28年第2回定例会での一般質問が各議員から通告されました。

 平成28年第2回尾鷲市議会定例会での一般質問が6月15日に各議員から通告され、抽選の結果登壇の順番が決まりました。

6月20日(月)

  濵中佳芳子議員
    1.食のまちづくりについて
      (1)尾鷲中学校の給食について
      (2)食育について

  榎本隆吉議員
    1.熊本地震を受け改めて尾鷲市の防災対策を問う
      (1)市の被害想定と避難路、避難タワー、避難場所について
      (2)防災拠点としての道の駅について


6月21日(火)

  三鬼和昭
    1.まちの活性化について
      (1)小原野地区の有効活用について
    2.防災について
      (1)オワセグの設置状況と課題について
      (2)オワセグによる情報提供のあり方について
      (3)津波避難タワーについて
      (4)防災用品等の備蓄の在り方について
    3.尾鷲総合病院について
      (1)現時点での課題について
      (2)リニアック(放射線治療装置)の整備について
    4.ICT教育について
      (1)現在の取り組みについて

  村田幸隆議員
    1.直面課題の整備と環境づくり
      (1)広域ゴミ処理施設(用地選定)
      (2)防災施設と道の駅
      (3)市活性策の拠点(尾鷲港環境整備)

  奥田尚佳議員
    1。子育て支援と教育施策等の充実について
      (1)子ども医療費助成制度について
      (2)尾鷲中学校における不十分な施設と未導入の給食について
    2.防災について
      (1)市長の考える「防災」とは
      (2)被災した際の市役所機能について


 議会の開会は条例の定めることにより午前10時より始まります。議案に対する質疑や施策提案やそれらの問いに関する一般質問の各議員の持ち時間は一問一答方式で一時間となっています。

 議会上へ傍聴に来ていただき臨場感を楽しんでいただいても結構ですし、オワセグやインターネットによるライブ中継を楽しんでいただいても結構ですので、お互い尾鷲市の課題について共通の情報を持ち合いたいと考えます。


 なお、議案については、6月10日(金)の役員改選の折に申し合わせにより監査委員が変更されたので、議案第52号「尾鷲市監査委員の選任について」が追加されており、また、20日(月)には、第三保育園の新築工事の入札が行なわれたことから、これまでの事例から、追加議案として第53号「工事請負契約について(尾鷲第三保育園新築工事)」が本会議で上程され付託された委員会審査の後、本会議で採決となる予定です。




初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-06-17 07:49 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成28年 第2回 尾鷲市議会定例会の会期日程及び提出議案は~~

 平成28年 第2回 尾鷲市議会定例会は6月13日(月)に再開され、開会日に決まった会期日程、そしてこの日が議案が上程されました。

会期日程

6月10日(金)10:00~ 本会議(会期の決定、役員改選ほか)
   11日()       休 会
   12日()       休 会
   13日(月)10:00~ 本会議(議案上程ほか)
   14日(火)       休 会
   15日(水)       休 会
   16日(木)       休 会
   17日(金)       休 会
   18日()       休 会
   19日()       休 会
   20日(月)10:00~ 本会議(質疑・一般質問)
   21日(火)10:00~ 本会議(一般質問)
   22日(水)       休 会
   23日(木)10:00~ 総務産業常任員会(議案審査)
   24日(金)10:00~ 生活文教常任員会(議案審査)
   25日()       休 会
   26日()       休 会  
   27日(月)10:00~ 地方創生まちづくり特別委員会
   28日(火)10:00~ 予算決算常任員会(議案審査)
   29日(水)10:00~ 予算決算常任員会(議案審査)
   30日(木)       休 会(予備日)
7月 1日(金)10:00~ 本会議(委員長報告・質疑・討論・採決)


提出議案

議案第48号 尾鷲市議会議員及び尾鷲市長の選挙における選挙運動用
         自動車の使用等の公営に関する条例の一部改正について
議案第49号 尾鷲市公民館条例に一部改正について
議案第50号 尾鷲市道路等占用料徴収条例の一部改正について
議案第51号 平成28年度尾鷲市一般会計補正予算(第2号)の議決について

報告第 2号 平成27年度尾鷲市一般会計繰越明許費繰越計算書について
報告第 3号 公益財団法人尾鷲文化振興会の平成28年度事業計画等
         について


なお、第2回定例会は6月20日(月)午前10時より本会議が再開され、議案に対する質疑、そして一般質問が行われます。

尾鷲市屋内防災無線(オワセグ)で議会ライブ中継が放送されます。






初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-06-16 16:07 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成28年 第2回 尾鷲市議会定例会が開会し、正副議長ほか、各正副委員長が決まりました〜〜

 平成28年 第2回 尾鷲市議会定例会が開会しました。

a0196709_1441097.jpg

 平成28年6月3日(金)に議会運営委員会が開催され、第2回定例会の会期日程(6月10日~7月1日)案と提出議案が承認され、6月10日(金)に開会された本会議では正副議長や監査委員が改選されました。また、委員会条例により各常任委員会委員の任期が1ヶ年ということから委員の選任とともに各正副委員長が選ばれました。(敬称略)

議長:真井紀夫、副議長:濵中佳芳子、監査委員:内山鉄芳

議会運営委員会
委員長:三鬼和昭、副委員長:小川公明
委  員:田中 勲、南 靖久、榎本隆吉、奥田尚佳、村田幸隆

総務産業常任委員会
委員長:榎本隆吉、副委員長:南 靖久
委  員:田中 勲、小川公明、三鬼和昭、高村泰徳

生活文教常任委員会
委員長:中平隆夫、副委員長:奥田尚佳
委  員:内山鉄芳、濱中佳芳子、三鬼孝之、村田幸隆

予算決算常任委員会
委員長:奥田尚佳、副委員長:高村泰徳
委員は、議長を除く全議員

地方創生まちづくり特別委員会
委員長:小川公明、副委員長:三鬼和昭
委員は、議長を除く全議員

紀北広域連合議会議員
真井紀夫、榎本隆吉、中平隆夫、奥田尚佳、三鬼和昭、南 靖久

三重紀北消防議会議員
真井紀夫、榎本隆吉、奥田尚佳、田中 勲

東紀州農業共済事務組合議会議員
榎本隆吉、南 靖久

尾鷲市農業委員会委員
三鬼和昭

~が決まりました。






Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-06-16 15:15 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE