<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

平成28年第4回尾鷲市議会定例会が閉会しました。

 去る11月29日(火)に開会された平成28年第4回尾鷲市議会定例会が閉会しました。

a0196709_19410487.jpg
 本議場で開会された本会議は、各常任委員長の付託議案に対する委員会での審査の経過と結果が報告され、その委員長報告に対する質疑もなく、議案に対する討論もなく採決が行われました。

提出議案
議案第68号 旅費の運用方法に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
議案第69号 尾鷲市行政不服審査会条例の一部改正について
議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正について
議案第71号 尾鷲市職員退職手当条例の一部改正について
議案第72号 尾鷲市市税条例の一部改正について
議案第73号 尾鷲市国民健康保険税条例について
議案第74号 平成28年度尾鷲市一般会計補正予算(第4号)の議決について
議案第75号 平成28年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の議決について
議案第76号 平成28年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)の議決について
議案第77号 平成28年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第2号)の議決について
議案第78号 平成28年度尾鷲市水道事業会計補正予算(第2号)の議決について
議案第79号 第6次尾鷲市総合計画後期基本計画について
議案第80号 尾鷲市教育委員会委員の任命について

報告第 6号 専決処分事項について(損害賠償の額の決定)


発議第 5号
安心な社会保障と強い地域経済を構築するための地方財政措置を求める意見書について(案)
発議第 6号 地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書について(案)

上記議案では、議案第80号 尾鷲市教育委員会委員の任命について、報告第 6号 専決処分事項について(損害賠償の額の決定)、発議第 5号 安心な社会保障と強い地域経済を構築するための地方財政措置を求める意見書について(案)は、既に採択及び承認されており、残りの議案のうち、議案第73号 尾鷲市国民健康保険税条例について(反対:内山鉄芳議員)、議案第79号 第6次尾鷲市総合計画後期基本計画について(反対:奥田尚佳議員)が賛成多数で、そして残りの全議案が全会一致で賛成されました。

また、議長発議となりました、発議第 6号 地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書について(案)についても、全会一致で採択され、本会議は閉じられました。

※第4回定例会での一般質問がオワセグ(尾鷲地域限定ワンセグ放送)で録画放送されます。同時に、ユーチューブ(YouTube)においても放送されますので、ご視聴いただければ幸いです。よろしくお願いします(^^)/


 この後の議会に日程とすれば、三重紀北消防組合議会及び紀北広域連合議会が12月20日(火)に、それぞれ午前と午後に予定されています。紀北町議会において議会の役員選挙が行われ議長等が改選されていますので、両広域議会の会議の冒頭に議席等の承認とともに、空席となっている正副議長の選挙や監査委員の選任が行なわれます。


docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-12-16 19:41 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

一般質問を行ないました~

 平成28年第4回定例会が再開され一般質問が始まりました。一般質問通告者による抽選の結果、小生が一番手で登壇しました。
 小生の一般質問における1回目の質問事項と要旨は下記のとおりです。なお、全編については、オワセグ(尾鷲市専用ワンセグ放送)とユーストリーム(Ustream)によりライブ中継が行なわれました。また、後日、オワセグ(尾鷲市専用ワンセグ放送)とユーチューブ(YouTube)により録画放送されます。

a0196709_00235093.jpg

 

平成28年12月 5日(月)

   平成28年第4回定例会/一般質問

            7番 三 鬼 和 昭

通告に従い一般質問を始めます。

定例会冒頭における市政報告での道の駅に関する文言を察すると、三選を目指しているのか否か、たとえ岩田市長が慎重に言葉を選んでいたのだとしても、真剣に施策提案をせねばと考える者にとっては、現市長に訴えていいものやら、それとも市長選挙候補予定者に聞かすのか、全くもって不可解で快くない登壇となっています。

岩田市長の三選については、そのことを質問事項とされている登壇者がいることから追及は致しませんが、今回の質問と提案が無駄にならないように期待して読み上げます。

今回の私の質問事項及び質問の要旨については、

 1.食のまちづくり基本計画について

   (1)計画の進捗状況について

   (2)今後の展開と見直し点について

   (3)地方創生戦略と後期基本計画での位置づけについて、当然、過疎地域自立促進計画の兼ね合いについても言及していただきたいと思います。

 2.まちづくりについて

   (1)若い世代のまちづくりへの参画について

   (2)まちづくりの拠点づくりと運営について

 3.子育て支援について

   (1)放課後保育について

   (2)児童館について~~であります。

それでは1番目の「食にまちづくり基本計画について」ですが、岩田市政のバイブルとも言える平成24年3月に公表された第6次尾鷲市総合計画は、ふるさととして誇れるまちを、市民と行政が共に創り、次世代へつなげていこうと述べており、そこにいわゆる「共創」という言葉を生み出しています。

しかしながら、策定時に総合計画を進めていくスキーム、目的を達成する仕組みを議会から問われ、「おわせ人づくり」が補足されたことを記憶しています。

そして、その後、第6次尾鷲市総合計画に整備の記述がない「道の駅」議論が本格化した翌年である平成25年3月9日の第1回定例会における私の一般質問で「道の駅ではなく、海の駅とか魚の駅ではないか」とのやり取りからプロジェクトが立ち上がり、いわゆる海岸部に拠点を置く構想である「食のまちづくり基本計画」策定へとつながり、「食」が前期基本計画をも補うこととなっていった訳で、今回策定され議案として上程されている後期基本計画には、その補足された「食」という文字を多数見つけることができます。

まちづくりやおわせ人づくり、或いは活性化策として、教育として、「食」が重要視され施策の柱となっていると理解すると同時に、いよいよ「食のまちづくり」が本格化するのだと考えますが、先ずは、岩田市長はこの「食のまちづくり基本計画」がどこまで達成したのかという自身の評価を聞かせてください。

併せて、今後の展開とともに見直し点があるとお考えならば、それもお聞かせください。

また、この「食のまちづくり基本計画」が地方創生戦略と第6次尾鷲市総合計画の後期基本計画での位置づけについて、明確にお示しください。当然、過疎地域自立促進計画との兼ね合いについても言及していただきたいと思います。

続きまして2番目の「まちづくりについて」ですが、先月、南 靖久議員と高村泰徳議員とともに福井県鯖江市の先進事例を政務調査したことや、議会における委員会視察での事例を元に提案したいと思います。

 最初に、若い世代のまちづくりへの参画についてですが、昨年6月に改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ、既に今夏の参議院議員選挙から適用されていますが、そういった流れからか、先進地では、高校生によるまちづくりであるとか、高校生議会が既に実施されています。

鯖江市での政務調査の一つは、あまりにも有名となった「JK課プロジェクト」についてでした。文字どおり女子高校生課のことで、女子高校生にまちづくりを考えていただく課としての事業が2年ほど前から取り組まれて、現在では男女高校生や若い社会人の取り組みへと、小さなことなども含め、まちづくりが進んでいるようです。

 これまでならばいざ知らず、少子高齢化時代と言われて久しいことから、若い世代に直接、自分の住みたいまちづくり、帰ってきたくなるまちづくりを提案していただくことができる事業を定着させるべきだと考えますが、いかがですか。

もう一点は、現在も、個人ボランティアも含め、いろんな組織やグループとかが、様々な事業や防災、或いはイベント等で共創していただいていることに、私たちの立場からも感謝に堪えない次第ですが、行政改革等から正規職員の減少が進んでいる本市の行政事務等も、闇雲に臨時職員に頼るばかりではなく、今一度、行政事業のアウトソーシングを検討されてはいかがですか。市長の所見をお聞かせください。

また、そういった受け皿づくりに、まちづくり団体とか、グループの拠点を整備される考えはございませんか、この点についてもお答えください。

最後は、子育て支援についてですが、私は平成81216日、第4回定例会における一般質問で、人口対策として、共働き夫婦の環境の充実とともに子育て支援を行政が積極的に行ない、女性の社会進出をしやすくするべきと論じたことから、翌年、当時の育児サークルおひさまの会の初代代表である石垣さんらから要請され、児童館の設置とともに市立幼稚園の三年(3歳)保育の実施について平成9年3月議会で提出された請願の紹介人となり、採択された経緯がございます。

結果的には、20年近く経過していますが、三木幼稚園のみ3年保育が実施され輪内地区の方々等に保育の安心感を与えていますが、この請願は留保されたままとなっています。

現在の放課後児童クラブのほかに、今定例会の市政報告で、地区コミュニティセンターを活用した放課後保育が進んでいることが報告されていますが、私が提案する児童館的な施設と保育については、人生の達人である高齢者の方々等の生きがい事業ともなる施設と事業を行うべきと考えますが、教育委員会とか福祉保健課とかの垣根を超えた子育て支援を行なう気はないのか、所見を求め壇上からの質問を終えます。



また、一般質問の前に、上程された議案第74号「尾鷲市一般会計補正予算(第4号)の議決について」に対する質疑を村田幸隆議員が行ないました。内容は各課に増額された職員の時間外手当の内容について、その詳細を質したものでした。

なお、一般質問は、6日(火)3名、7日(すい)2名が通告のとおり登壇を予定しています。



Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-12-06 00:58 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

尾鷲市の選挙人名簿登録者数は16,502人です。

三重県選挙管理委員会が12月2日現在、県内の選挙人名簿登録者は1,518,320人であると発表しました。

a0196709_19303273.jpg

この地域では、
尾鷲市 16,502人
熊野市 15,477人
紀北町 14,734人

三重県選挙区では、
1区 309,108人
2区 337,864人
3区 350,532人
4区 244,604人
5区 276,212人


[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-12-03 20:02 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成28年第4回定例会一般質問を通告しました~

 平成28年第4回尾鷲市議会定例会に7名の議員が一般質問を通告しました。そして、抽選の結果、下記の順番で登壇することとなりました。(敬称は略)

12月 5日(月)10:00~

 三鬼和昭 1.食のまちづくり基本計画について
         (1)計画の進捗状況について
         (2)今後の展開と見直し点について
         (3)地方創生戦略と後期基本計画での位置づけについて
     
        2.まちづくりについて
         (1)若い世代のまちづくりへの参画について
         (2)まちづくりの拠点づくりと運営について

        3.子育て支援について
         (1)放課後保育について
         (2)児童館について

 
 奥田尚佳 1.「地ごしらえ」から「羽ばたき」を掲げた岩田市政について
         (1)公共交通体系の見直しについて 
         (2)子ども医療費助成制度について
         (3)尾鷲中学校への給食導入について
         (4)プール整備について
         (5)矢浜保育園・第四保育園の用地収用について


12月 6日(火)10:00~

 濵中佳芳子1.総合病院について
         (1)公立病院改革プランについて

        2.水道事業について
         (1)事業計画について


 榎本隆吉 1.二期目の岩田市政を問う
         ~「共創」という選挙公約を中心に~
         (1)市民との共創について
         (2)議会との共創について
         (3)広域的な共創について


 中平隆夫 1.岩田市長の進退と任期中の取り組みについて
         (1)3選目について
         (2)道の駅について
         (3)食の拠点作りについて
         (4)避難施設について


12月 7日(水)10:00~

 南 靖久 1.市長の政治姿勢について
         (1)3選出馬への意向について
         (2)新年度予算編成について
         (3)総合病院の経営について(リニアック)

        2.後期基本計画について
         (1)防災減災対策について
         (2)食の拠点と道の駅について
         (3)施策の優先順位と重点課題について


 真井紀夫 1.最近の市長は何を考えているのか

        2.尾鷲総合病院の課題について



※一般質問は、第1回目の質問事項と要旨については登壇して行ない質問席に戻り、1回目の質問事項に対する市長等の答弁の後、各質問を一問一答方式で行なうことと決められている。よって、一般質問は議員の演説の場ではないのである。
 また、当議会では、答弁者である市長に対しても反問権を与えているが、すべての内容が当てはまるとは言えない。

※一般質問は質問と答弁を合わせ1時間が持ち時間と決められている。また、議案に対する質疑も持ち時間は同様である。



市民のみなさん、議会へ傍聴に来てください! なお、議会ライブ中継はオワセグ放送とユーストリーム(Ustream)で行なっています。屋内防災無線やスマートフォン、タブレット、パソコンなどで視聴できます。また、後にオワセグ放送やユーチューブ(YouTube)で録画中継も行なわれます。




初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-12-02 00:55 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE