平成25年度版マニフェストを検証してみました!

平成25年度版マニフェストです。

 これらの取り組みについては、本会議における一般質問での提案や要望、そして同じく本会議や常任委員会で質疑等で質しました。以下は、4年間の一般質問の要旨等ですし、具体的な内容についてはユーチューブやユースリームといった市ホームページ(市議会情報)のインターネットの録画放送やオワセグ(市内限定ワンセグ放送)よるライブ中継で取り扱われています。


教育・子育て

 保育園施設の耐震化と津波対策、学校敷地内での建設場所の変更を提案した輪内中学校・耐震補強整備から改築(新築)整備に変更を訴えた宮ノ上小学校の耐震整備工事を見守るとともに、子育てや教育環境の充実と将来の尾鷲を担う人材の育成に努めます。

 これまでに三木幼稚園の3歳児保育の実現や三木里及び三木小学校の給食の実施に努めましたが、今後は2つの小学校の耐震整備や学校のあり方について保護者や地域のみなさんと話し合いたいと考えます!


福祉・医療

 尾鷲総合病院のより充実、高齢者や障がい者支援、そして市民のみなさんの健康づくりなど住民福祉の向上に努めます。防災対策海岸部への津波避難タワー等の整備や中村山公園への避難路の整備、防災無線のデジタル化にともない個別受信機にかわりエリアワンセグ放送端末機(タブレット)の全戸無料配布など防災対策をより推進するために取り組みます。


財政・行政

 施策の優先順位を明確して財政健全化に努めます。時代に即応できる行政改革を提案します。


産業振興と集客交流などの活性化策

 高速道路の延伸に伴う集客交流を促進させるために、R42沿いや輪内地区等の周辺地域、夢古道おわせ、それに加え水産振興とともに港地区の再開発(海の駅)構想を実現させるための施策の推進に努め、活力あるまちづくりをめざします。



検証としてマニフェストに掲げたことについては、4年間の議会活動の指針となりましたが、平成の大合併がかなわなかった当市の財政は等々厳しく、岩田市政による教育・子育て&防災対策による学校及び保育園の整備は地方創生のなかでも人口対策として、移住定住施策と共に重要な取り組みと認識せざるを得ないが、インフラ的には尾鷲総合病院の充実と存続、そして津波避難タワー整備などの生命を直接守る事業、港地区の再開発(海の駅)構想を一般質問で取り上げたところから「食によるまちづくり構想」が描かれたことから、コンパクトシティである地形の理を活かし市内全体と『道の駅』として新産業の創造と雇用対策を考えるなど、引き続き重要施策として取り組まなければならないことを肝に銘じて検証としたい~~


次は、『平成29年度版マニフェスト』を示したいと思います!



初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif

[PR]

  # by mikikazu0802 | 2017-06-03 09:22 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

尾鷲市長選挙公開討論会が行なわれました〜〜

 尾鷲市長選挙公開討論会が市民文化会館(せぎやまホール)で開催されまた〜〜

a0196709_18012754.jpg


 正式には、6月4日(日)告示・11日(日)投開票される尾鷲市長選挙立候補予定者の榎本隆吉氏(67才)と加藤千速氏(68才)に対する6項目の質問に答える形の質疑応答を行なうものであり、会場に集まった市民700人が両者の考えを聴きました。

 冒頭、それぞれが自己紹介と立候補されようとする意図について語り、質問については事前に本人に知らせてある内容を読み上げ、各々3分以内で答え、司会者がその答弁に対する質問を付け加えるというもので、勿論、施策に対する考えを述べるものでした。
 市の財政問題から財源確保について、病院問題について、尾鷲中学校の給食の実施について、産業振興について、防災について、市民憲章についてでした。

 議会報告会でも多くでている内容で、両者ともに尾鷲総合病院の365日/24時間診療の継続とリニアック装置の整備を進める。また、尾鷲中学校の給食を実施するとの弁でしたので、同期日に行なわれる尾鷲市議会議員選挙でも、総ての候補者がそれらについて力説するであろうことが確約されたことになるようです。

 今回の両者の考え方についての発言をここに記すことについて、小生が置かれている立場は地方自治における二元代表制の一方に身を置き、次期尾鷲市議会議員選挙に立候補を予定していることから、偏見と受け取られることもあり記すべきでないと判断しますが、質問事項にあったほとんどの施策を為すにはやはり財政問題であり、その裏付けは?とか、施策順位といおうか「選択と集中」をどうすべきなのか?という政治センスと、当然その選択により一部市民サービスの低下が伴うことがあり得るかもしれない財政事情を鑑み、市民の皆さんの理解を得られることと納得させられる器量と度量が必要でありと考えられます。
 そんな政治センスや器量と度量を持つ首長並びに議員が、今回の選挙で選ばれることだと言えるようです〜〜



[PR]

  # by mikikazu0802 | 2017-05-13 17:55 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

議会報告会が終わりました。

 議員として今任期最後となる議会報告会が終わりました。

a0196709_23113407.jpg

 平成29年第1回尾鷲市議会定例会の結果等を資料として、尾鷲市議会基本条例で定められている議会報告会は4月11日からA班、B班によりそれぞれ6会場で開催し、最終日は市中央公民館3階講堂にて39人の参加をいただき開催されました~

 資料説明を担当したことから、一般会計予算の歳入歳出や病院事業会計予算の収支については、これまでの会場での説明よりも額を明示しその増減や内容的なことを予め説明し質疑応答の段階での時間を配慮するも、「病院存続の重要性、24時間/365日診療やリニアックの必要性については、そのことを否定する議員はいない」訳なので、議長が代表して述べれば議会の重みとして表すことができたのではと・・・、一人一人がそれを言っても異口同音か、収支とか運営方針を自分がこんなところで言ったと各論になってしまうのみだと感じた・・・
 それに、既に地元新聞がこれまでの各会場での質疑応答について、委員の声を丁重に取り上げてくれている・・・

 病院経営については、尾鷲市一般会計予算と絡めて議論しなくては「打出の小槌」など無いわけであるから、新市長の施策の優先順位により決まるのである。有利な補助金が無い以上、自費でやるしか無い!のであり、こう言った施策を優先させればどの住民サービスにプラス・マイナスの影響がでるのかのか総合的な財政診断をして、市民にも明快にした上で結論をだすべきであろう!


 また、これまで学校の耐震化とともに保育園の場所の移転と整備についても問われ、全保育園の定員数との整合性や地方創生のなかでの子育て支援の重要性を述べ理解をしていただくべく発言をしたが、南 靖久議員と共に計画時に保育園の統合、或いは将来の構想等についても計画や意見があったことを説明した。
 小生は、今も第4保育園のところに、放課後学童保育の拠点にすべき!との考えを持っている。


 この他にも、国民健康保険についてや環境問題についての問い、尾鷲中学校の給食実施やコミニュティバス料金の値下げ要望、学校及び保育園の再編について、夢古道おわせに整備された厨房について等、これに広域での新ゴミ処理施設整備について、市民に対する周知のあり方を問われるも、環境問題については三重県の許認可に関することもある。

 また、一部執行部担当課に問い合わせていただければ簡単にすむことであったりで、議会の対応について指摘されても・・・とは言え、ここでも執行部の情報開示、取り分けホームページの活用の仕方に問題があることには共通認識であり何人かの議員は既にそのあり方を指摘されていることである。
といったところであろうか、議会運営なのか執行部への指摘なのか、それとも議員の取り組み方なのか、資質についてなのか、とにかく苦言提言をもいただいた次第である!


 全体での反省点は、開催日と時間をよく打ち合わせることであった。また、今夜の開催については、各方面への呼びかけが功を奏し40人からの参加者を得たが、全員参加の場合の質疑応答のあり方は試行錯誤の余地(反省点)ありと言わざるを得なかった・・・

議員は、議会報告会で個人的な意見を述べたり、アピールなどせずに粛々と質問に対し答弁をするべきだし、議員個々の取り組みとか意見は4年間にわたる在任期間中に質疑や一般質問、或いは、その他諸々の議会活動を務める中で取り組むべきである!

議員の仕事期間と政務活動は4年間を通して行なうことが責務なのである。

a0196709_07332551.jpg

 議員全員での報告会では5~6人の議員で約90分行なわれていたものが13人の議員となることから、質問に関し答弁はできうる限り私見を避け議会全体のコンセンサスを得た説明が肝要である!そんなことから説明の段階で、これまでの会場よりも一般会計及び病院事業会計については前年度比に対する額と増減を加え、起債(借入金)や公債費(返済金)それに基金、及び病院への操出金の詳細を含め細かく行なった。
 これらは報告会への参加者には専門的なことがあるので直ぐには判断できにくいことでもあるが、要は本市の2つの会計において歳入・収入と歳出・支出に見る経常収支比率の指標が高く、財政の硬直化が様々な施策の展開に難があることになっていることが根本にあり、だからこそ「財政健全化計画を作成すべし!」と言うことの意味である。何故ならば、「財政健全化計画」には、財政が逼迫したなかでも施策の優先順位とその時期と言った指針を描かなくてはならないからである!

 今回の報告会で病院についての問いに対し冒頭に答えた議員が、「24時間/365日診療を行なっている病院存続の必要性とリニアック整備について、議会側、全議員に反対など一切無い」と議会を代表するコメントをされた時点で、小生他数人の議員は私見など述べる必要性を感じなかった。私ごとで述べれば「後の生命を信頼する医師に委ね手術した小生は、尾鷲総合病院の存在及びリニアック装置の整備についてはどの議員よりも身を持って、そのひつようせいを実感している」ことから、新市長には尾鷲市の財政全体の指針を示し、市民によく理解されることを前提に議会と議論し速やかに対応していただくことを願うのである~~




[PR]

  # by mikikazu0802 | 2017-04-25 23:07 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

総務産業常任委員会が管内視察を行ないました~ 『尾鷲観光物産協会編』

 総務産業常任委員会の管内視察4ヶ所目は「ナカセン」において、尾鷲観光物産協会の方々と意見交換を行ないました。

a0196709_21295326.jpg

 この意見交換会は、小生が同委員会委員長を2ヶ年担当したことから、尾鷲観光物産協会の真井会長より要請を受けて、非公開ではありますが意見交換を行なっていこうとするもので、その後、辞職された榎本隆吉元委員長時にも行なわれ、それを引き継いだ南 靖久委員長となったので行なうこととなったのである。

a0196709_21393995.jpg

a0196709_21413671.jpg


 1時間半にわたり意見交換が行なわれました~

 当委員会との意見交換会の継続を改選後への申し送り事項とすることを確認し閉会となりました。



 11日(火曜日)からスタートした議会報告会を熟していきながら、4ヶ所への管内視察だったことから少し疲れましたが、議員活動を行なう充実感に1日が過ぎようとしています~

 明日は、B班が午後2時より九鬼コミュニティセンターで、A班が午後6時より早田コミュニティセンターで議会報告会が開催されます。是非、お越しください!




[PR]

  # by mikikazu0802 | 2017-04-20 21:52 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

総務産業常任委員会が管内視察を行ないました~ 『おわせ暮らしサポートセンター編』

 総務産業常任委員会の管内視察2ヶ所目は朝日町にある『おわせ暮らしサポートセンター』です。

a0196709_20413386.jpg

 ここでは、4人のスタッフが移住定住を希望される方に対するサポートを行なうことと、空き家バンクも運営しています。

a0196709_20550320.jpg

 移住定住には、尾鷲での仕事も必要不可欠なことからハローワークとの連携は勿論のこと、今後は事業所側の情報提供を伝えたり、商工会議所との連携も考えられるとの担当者より伺いました。

a0196709_21000742.jpg

a0196709_21003745.jpg

a0196709_21133997.jpg


 ここへの視察には、委員会外から内山鉄芳議員が参加しています。しばし、委員より担当者に質疑応答する形で意見を伺いました。大きな変化は、市庁舎内で事業を行なっていた時は土日休日とか面談の場所も手狭だったが、現在は月曜日を全休とし土日は交代で業務を行なっていることや、今後、移住定住者の交流も進めたいとのことであった。

a0196709_21075823.jpg

空き家(売買、賃貸)情報が掲載されていた~



 『おわせ暮らしサポートセンター』の帰りは、《夢古道おわせ》のよりランチバイキングを~、当委員会では管内視察の折には関連する施設でランチ(有料)タイムを取ることとなっております。
 
 新築された厨房での様子をうかがい、ランチ終了後には委員全員が倉ノ谷地区に移動し、議会報告会で要請された市の遊休地や不使用となった住宅、市道等の視察及び河川の状況を同地区の方の案内で確認してから、朝日町に移動となりました。

a0196709_21104923.jpg





[PR]

  # by mikikazu0802 | 2017-04-20 21:15 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE