タグ:信念 ( 176 ) タグの人気記事

 

議会運営委員会が開催されました~~

 議会運営委員会(委員長:三鬼和昭、副委員長:小川公明、委員:田中 勲、南 靖久、榎本隆吉、奥田尚佳、村田幸隆)が、14日(火)午前10時から第一委員会室で開催されました~~

a0196709_22563257.jpg
 尾鷲神社の河津桜が開花しました。

 本日の議題は、「議会改革について」「委員会運営等について」「議会報告会のあり方について」追加で「政務活動費について」でした。

 「議会改革について」は平成16年に多くの市民が望んだ『平成の合併』が為されなかったことを受け、議会では財政的な問題等を鑑み議会改革にいち早く取り組み、議員定数の削減有りきで3常任委員会から2常任委員会、一日一常任委員会開催、議員の公社・審議委員会・協議会への参画の見直しや費用弁償と市内旅費の廃止、そして、一般質問の一問一答方式の導入を検討し実施した。
 また、議員定数についても公聴会等も開催し削減を行なう。小生が議員となった時点では定数20人だったが平成10年に18人に、そして18年に16人、25年に13人と削減が行なわれている。

 その後も、『予算の分割審査は違法』との見解から、予算決算にあり方が議論され、地方自治法の常任委員会の所属についての法改正から、予算決算常任委員会が設置された。

 議会中継が実施されるようになり、併せて議会報告会が開催される。そして大きな取り組みとしては『議会基本条例』が議会の最高規範として制定、引き続き議員提案による『おもてなし条例』を制定したのである。

 そして最新の議会改革としては『タブレット端末機』の導入である。

 以上の経過については「議会改革について」綴ってきたものを『備忘録』として永久保存することと、パワーポイントを活用できるように『議会改革の取り組み』が策定された。これらは、新旧議員の共通認識として研修会等、或いは、視察受け入れの資料としても生かせるものとした。

 個人的な見解としては、総ての議会改革に携わってきたが、『議会だより』についてのみ消極的な意見が多く途中で廃版になったことが悔やまれる。『議会だより』もそうであるが、条例策定においても作業や策定に加わった議員とそうで無い議員との価値観の違いが大きいことは否めないところもあるようだ・・・

 
 「委員会運営等について」は、これまで議会改革や議会運営委員会で議論が詰められていない常任委員会の任期(1年⇒2年案)や病院事業会計の所管(生活文教常任委員会⇒総務産業常任委員案)について、条例変更し改選後にスタートをとの議論をしたかったが、結論は改選後に議論して決めればとの意見があり第1回定例会が迫っていることから~~、ただ、先進事例をいろいろと勉強すると改選で大きく議員が替わるケースと否定できないことから、こう言ったケースは経験のある議員の深い議論をもって改め、申し送りすることも吝かでは無いようであるが無理にそこまで主張をせず終えた。

 もう一点は、委員長の立場であるが、先の研修会や地方自治法、或いは全国市議会議長会の標準市議会委員会規則等を参照にすると、委員長が質疑を行なう場合は副委員長と交代、そして、討論に参加する場合はその議案の可否が決まるまでは委員長に戻らないことや、当然、議長が委員会において議決案件に質疑することはあり得ないとの見解である。議長や委員長は採否に当たり私見を述べないことが原則ということである。


 「議会報告会にあり方」については、市民参加者が減っていることから開催場所等や議員全員との意見がでたが、次に開催される全員協議会で改めて全議員に伝え改革案を届けていただき議会運営委員会正副委員長及び正副議長の意見を加味し方向性を詰めることでまとまったが、各委員としても意見を述べてもらった。


 追加となった「政務活動費について」は『政務活動費の手引き』案を策定したので、タブレットにその案文を示し、次回の全員協議会で意見を伺い、平成29年度より生かしていきたい方針である。また、平成28年度分の「政務活動費」がまとまり次第、今任期分の各費目別を示したものをホームページに掲載する方針である。


議員として、広義の意味で一般質問は「華がある!」取り組みでもあり、市民の要望をお手伝いすることも大事であるが、議員の一番の仕事は条例の制定であり、それに基づく予算決算の審査審議であることから地方自治法の理解や条例・規則を熟知をすることが肝要なことであり、議会の慣例で一纏めすることなど以ての外である。十人十色と言いつつも、これくらいのことは地方議員のスタンダードなことであることを認識しなくてはならないのである。

 議会及び議員活動は行なえば行なうほど幾らでもあり、行なわなければそう認識するのみである。議会改革も同じだと考える・・・





Photo:Nikon D750

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-02-15 00:13 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成29年 尾鷲商工会議所役員・議員新春祝賀会が開催されました~

 尾鷲商工会議所役員・議員新春祝賀会が1月12日(木)、シティホテル望月で開催され、来賓として出席しました。

a0196709_024988.jpg

 
 別当 季総務委員長の開会の言葉に続き、伊藤 整会頭が念頭の言葉を述べ、吉川ゆうみ参議院議員と岩田昭人市長、津村 衛県議会議員が祝辞を~~

a0196709_0101030.jpg
 開会の言葉を述べる別当 季総務委員長


a0196709_011131.jpg

a0196709_0114219.jpg
 年頭にあたり抱負を語る伊藤 整会頭


a0196709_014247.jpg
 祝辞を述べ、国政とともに抱負を語る吉川ゆうみ参議院議員

 また、恒例となっているのが、祝賀会費の一部を教育委員会へ寄付の贈呈です。

a0196709_032259.jpg


 
 引き続き鏡割り&乾杯に~ 

a0196709_0192860.jpg

a0196709_0204479.jpg



 祝賀会には、同会議所役員と常任議員、そして来賓として国・県の関係機関及び金融機関等の関係者、林 幸喜副市長や課長、それに小生ら市議会議員合わせ100数名が集い賀詞交換とともに会食を~~


 祝賀会の後半は、ビンゴ抽選器による景品当てです。自動掃除機やゲーム機など高級品から20数本の当たりが用意されていました。小生、かつては必ず当たっていましたが、ここ数年は外れることが多くなって・・・

a0196709_0392454.jpg

a0196709_0415961.jpg


 おおそよ二時間に及んだ祝賀会は、真井紀夫市議会議長の三三七拍子でお開きとなりました~

a0196709_2325734.jpg
 

 やはり、産業振興を進めるには市と会議所のコラボレーションなくして為せるものではないことから、情報の共有、協働、共創をより密にしたいものだと思います!




Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-01-12 22:50 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

尾鷲神社へ初詣~

 新年明けまして おめでとうございます
       本年もよろしくお願い申し上げます

a0196709_10314462.jpg


 尾鷲神社へ初詣、それに神宮大麻と氏神様のお札、熊手をもとめて我が家の神棚に~

a0196709_1033062.jpg

 これまでならば、年越しとともに同神社へ参拝に出かけ、体力に任せてというより気力が増し、初日の出を拝みに行くのが小生流でしたが、昨年より「穏やかな人生」スタイルを心がけていることから、人生初の昼間の初詣となり、こんなに参拝者がいることを初めて知りました。

a0196709_10334188.jpg

 50代で尾鷲神社の氏子総代副会長を務めた経験があり、三木浦出身ではありますが第二の氏神様として真摯にお仕えしたことから、年の初めは毎年ここからスタートすることに決めています。
 本年は、初めて拝殿に昇り宮司による太鼓、巫女による鈴でのお祓いをしていただきました。

 最近では、投稿のし易さからFacebookとかInstagramへ議会活動とか、尾鷲よいとこ(景色や食&お店紹介)を随時UP していて、このブログへは投稿が堅い文章とかになっていて反省をしている次第ですが、ICT(情報通信技術)はパソコンからより身近なスマホやタブレットへ変換していることからなのです。しかしながら、出来うることならば市の防災無線であるオワセグ(地域限定ワンセグ放送)での議会中継とともに、このブログ(三鬼和昭の『続・日々是好日』)への投稿も怠らないようにしたいと思います。

a0196709_1055135.jpg

 「穏やかな人生」をモットーに、一生懸命歩んでいきたいと思います。相変わらぬ激励・声援をお願い申し上げます。





Photo:Nikon D750
Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-01-02 10:56 | 尾鷲よいとこ四方八方 | Trackback | Comments(0)

一般質問を行ないました~

 平成28年第4回定例会が再開され一般質問が始まりました。一般質問通告者による抽選の結果、小生が一番手で登壇しました。
 小生の一般質問における1回目の質問事項と要旨は下記のとおりです。なお、全編については、オワセグ(尾鷲市専用ワンセグ放送)とユーストリーム(Ustream)によりライブ中継が行なわれました。また、後日、オワセグ(尾鷲市専用ワンセグ放送)とユーチューブ(YouTube)により録画放送されます。

a0196709_00235093.jpg

 

平成28年12月 5日(月)

   平成28年第4回定例会/一般質問

            7番 三 鬼 和 昭

通告に従い一般質問を始めます。

定例会冒頭における市政報告での道の駅に関する文言を察すると、三選を目指しているのか否か、たとえ岩田市長が慎重に言葉を選んでいたのだとしても、真剣に施策提案をせねばと考える者にとっては、現市長に訴えていいものやら、それとも市長選挙候補予定者に聞かすのか、全くもって不可解で快くない登壇となっています。

岩田市長の三選については、そのことを質問事項とされている登壇者がいることから追及は致しませんが、今回の質問と提案が無駄にならないように期待して読み上げます。

今回の私の質問事項及び質問の要旨については、

 1.食のまちづくり基本計画について

   (1)計画の進捗状況について

   (2)今後の展開と見直し点について

   (3)地方創生戦略と後期基本計画での位置づけについて、当然、過疎地域自立促進計画の兼ね合いについても言及していただきたいと思います。

 2.まちづくりについて

   (1)若い世代のまちづくりへの参画について

   (2)まちづくりの拠点づくりと運営について

 3.子育て支援について

   (1)放課後保育について

   (2)児童館について~~であります。

それでは1番目の「食にまちづくり基本計画について」ですが、岩田市政のバイブルとも言える平成24年3月に公表された第6次尾鷲市総合計画は、ふるさととして誇れるまちを、市民と行政が共に創り、次世代へつなげていこうと述べており、そこにいわゆる「共創」という言葉を生み出しています。

しかしながら、策定時に総合計画を進めていくスキーム、目的を達成する仕組みを議会から問われ、「おわせ人づくり」が補足されたことを記憶しています。

そして、その後、第6次尾鷲市総合計画に整備の記述がない「道の駅」議論が本格化した翌年である平成25年3月9日の第1回定例会における私の一般質問で「道の駅ではなく、海の駅とか魚の駅ではないか」とのやり取りからプロジェクトが立ち上がり、いわゆる海岸部に拠点を置く構想である「食のまちづくり基本計画」策定へとつながり、「食」が前期基本計画をも補うこととなっていった訳で、今回策定され議案として上程されている後期基本計画には、その補足された「食」という文字を多数見つけることができます。

まちづくりやおわせ人づくり、或いは活性化策として、教育として、「食」が重要視され施策の柱となっていると理解すると同時に、いよいよ「食のまちづくり」が本格化するのだと考えますが、先ずは、岩田市長はこの「食のまちづくり基本計画」がどこまで達成したのかという自身の評価を聞かせてください。

併せて、今後の展開とともに見直し点があるとお考えならば、それもお聞かせください。

また、この「食のまちづくり基本計画」が地方創生戦略と第6次尾鷲市総合計画の後期基本計画での位置づけについて、明確にお示しください。当然、過疎地域自立促進計画との兼ね合いについても言及していただきたいと思います。

続きまして2番目の「まちづくりについて」ですが、先月、南 靖久議員と高村泰徳議員とともに福井県鯖江市の先進事例を政務調査したことや、議会における委員会視察での事例を元に提案したいと思います。

 最初に、若い世代のまちづくりへの参画についてですが、昨年6月に改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ、既に今夏の参議院議員選挙から適用されていますが、そういった流れからか、先進地では、高校生によるまちづくりであるとか、高校生議会が既に実施されています。

鯖江市での政務調査の一つは、あまりにも有名となった「JK課プロジェクト」についてでした。文字どおり女子高校生課のことで、女子高校生にまちづくりを考えていただく課としての事業が2年ほど前から取り組まれて、現在では男女高校生や若い社会人の取り組みへと、小さなことなども含め、まちづくりが進んでいるようです。

 これまでならばいざ知らず、少子高齢化時代と言われて久しいことから、若い世代に直接、自分の住みたいまちづくり、帰ってきたくなるまちづくりを提案していただくことができる事業を定着させるべきだと考えますが、いかがですか。

もう一点は、現在も、個人ボランティアも含め、いろんな組織やグループとかが、様々な事業や防災、或いはイベント等で共創していただいていることに、私たちの立場からも感謝に堪えない次第ですが、行政改革等から正規職員の減少が進んでいる本市の行政事務等も、闇雲に臨時職員に頼るばかりではなく、今一度、行政事業のアウトソーシングを検討されてはいかがですか。市長の所見をお聞かせください。

また、そういった受け皿づくりに、まちづくり団体とか、グループの拠点を整備される考えはございませんか、この点についてもお答えください。

最後は、子育て支援についてですが、私は平成81216日、第4回定例会における一般質問で、人口対策として、共働き夫婦の環境の充実とともに子育て支援を行政が積極的に行ない、女性の社会進出をしやすくするべきと論じたことから、翌年、当時の育児サークルおひさまの会の初代代表である石垣さんらから要請され、児童館の設置とともに市立幼稚園の三年(3歳)保育の実施について平成9年3月議会で提出された請願の紹介人となり、採択された経緯がございます。

結果的には、20年近く経過していますが、三木幼稚園のみ3年保育が実施され輪内地区の方々等に保育の安心感を与えていますが、この請願は留保されたままとなっています。

現在の放課後児童クラブのほかに、今定例会の市政報告で、地区コミュニティセンターを活用した放課後保育が進んでいることが報告されていますが、私が提案する児童館的な施設と保育については、人生の達人である高齢者の方々等の生きがい事業ともなる施設と事業を行うべきと考えますが、教育委員会とか福祉保健課とかの垣根を超えた子育て支援を行なう気はないのか、所見を求め壇上からの質問を終えます。



また、一般質問の前に、上程された議案第74号「尾鷲市一般会計補正予算(第4号)の議決について」に対する質疑を村田幸隆議員が行ないました。内容は各課に増額された職員の時間外手当の内容について、その詳細を質したものでした。

なお、一般質問は、6日(火)3名、7日(すい)2名が通告のとおり登壇を予定しています。



Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-12-06 00:58 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成28年度当初予算は、一般会計95億5千488万円です。

 平成28年度当初予算は、一般会計、特別会計、企業会計の合計で189億5千874万円で昨年度比99.1%です。

             平成28年度        平成27年度      前年度比
一 般 会 計    9,554,886千円   9,664,765千円    98.9%

国民健康保険   3,028,353千円   3,024,741千円   100.1%
事 業 会 計
後期高齢者      600,489千円     590,007千円    101.8%
医療事業会計
公共下水道        2,766千円       2,766千円    100.0%
事 業 会 計

病院事業会計   4,907,745千円   4,944,369千円    99.3%
水道事業会計     864,501千円     897,131千円    96.4%    
  
  合  計     18,958,741千円  19,123,779千円     99.1% 

 この予算編成の結果、市の貯金である総基金の合計額は12億7千169万6千円となり、特に各施策に対する予算措置に投入するとか、予算編成の歳入不足分を市自ら補填したりする財源となる財政調整基金が4億3千67万7千円となってしまいました。そうしたことから、市長選挙や市議会議員選挙が行われる平成29年、いわゆる次年度は増々厳しい財政状況となります。



初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-03-03 03:33 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成28年 スタートする。

 朝の尾鷲港

a0196709_19303273.jpg
  

 本年もよろしくお願いします~

 昨年の闘病以来、現在の最大の目標は風邪などを含め体調を崩さないこととしていることから、ブログの更新を怠っていますが、小生元気です!

 facebookでは日々の出来事を、そしてこのブログでは議会の出来事等議員活動の節目節目で記録していきたいと思います。

 引き続き、愛読していただければ幸いです。  ミキカズ


Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-03-01 19:39 | イベント・祭り・展示 | Trackback | Comments(0)

平成27年第4回尾鷲市議会定例会が閉会しました。

 平成27年第4回尾鷲市議会定例会が12月18日(金)、閉会しました。 

a0196709_1932689.jpg


提出議案

 第62号 尾鷲市行財政改革推進委員会設置条例の制定について
 第63号 尾鷲市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例
       の制定について
 第64号 尾鷲市ふるさと応援基金の設置、管理及び処分に関する条例
       の制定について
 第65号 尾鷲市放課後子ども総合プラン運営委員会設置条例の制定
       について
 第66号 須賀利大池及び小池保存管理委員会設置条例の制定について 
 第67号 尾鷲地区福祉有償運送等運営協議会設置条例の制定について
 第68号 尾鷲市老人ホーム入所判定委員会設置条例の制定について
 第69号 尾鷲市健康づくり推進協議会設置条例の制定について
 第70号 尾鷲市予防接種健康被害調査委員会設置条例の制定について
 第71号 尾鷲市役所出張所設置条例の一部改正について
 第72号 尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例
       の一部改正について
 第73号 尾鷲市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等
       に関する条例の一部改正について
 第74号 尾鷲市市条例等の一部を改正する条例の一部改正について
 第75号 尾鷲市奨学金貸与条例の一部改正について
 第76号 尾鷲市地区コミュニティーセンターの設置及び管理に関する条例
       の一部改正について
 第77号 尾鷲市国民健康保険税の一部改正について
 第78号 尾鷲市消防団等公務災害補償条例の一部改正について
 第79号 平成27年度尾鷲市一般会計補正予算(第5号)の議決委について
 第80号 平成27年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計補正予算
       (第2号)の議決について
 第81号 平成27年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計補正予算
       (第2号)の議決について 
 第82号 平成27年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第2号)の議決
       について
 第83号 平成27年度尾鷲市水道事業会計補正予算(第3号)の議決
       について
 第84号 平成27年度尾鷲市一般会計補正予算(第6号)の議決について

 初日に上程された議案に、本会議冒頭、地元水道業者より本市を被告とする慰謝料等請求事件に対し、去る11月27日に津地方裁判所において判決が出され、これを不服として原告から名古屋高等裁判所に今月8日付で控訴状が提出されたことから、その弁護士費用310千円(着手金108千円、5日分の日当162千円、5回分の交通費30千円、送達費等10千円)が議案第84号として補正予算計上されました。

 採決の結果、議案第66号、議案第72号、議案第79号、議案第84号は賛成多数で、そのほかの議案は全会一致で賛成されました。

 また、会期途中で上程された、向井区 吉澤直人氏から提出された陳情第2号 上水道給水区域の拡張についての陳情、三重県漁業協同組合連合会 代表理事会長 清水清三氏、尾鷲業協同組合 代表理事組合長 長野規一氏、大曾根業協同組合 代表理事組合長 西善伸氏、三重外湾漁業協同組合 代表理事組合長 清水清三氏の連名で提出された陳情第3号 新規砕石事業の中止を求める陳情の2件についても全会一致で賛成され、併せて、発議第12号 新規採石事業を認可をしないよう求める意見書については陳情第3号の趣旨を採石業の許認可者である三重県知事に対し意見書を提出するもので、この発議についても全会一致で賛成された。

a0196709_1932389.jpg


 追記、相変わらず締まりのない議会であった。市民の利益のために、そして様々な手順が整ったうえでの政策議論なのか、はたまた、財政難の折、選択と集中は?費用対効果を考えたやり取りなのか・・・、岩田市長等執行部の提案の部分も関心が弱いが、果たして議会がそれを上回るリードができているのか・・・、考え込んでしまうのである。
 議会改革で進めてきたことも、なんだったのだろう・・・

 気持ちを入れ替え頑張ろう・・・
 





Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-12-19 19:34 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

一般質問を行いました~

 議案調査などで休会中だった平成27年第4回尾鷲市議会定例会が7日(月)に再開され、議案質疑の後、2名の議員が一般質問を行い、本日午前10時より小生も登壇し岩田市長に対し当面の課題を質しました。


                            平成27年12月 8日(火)

         平成27年第4回尾鷲市議会定例会一般質問

                             7番 三 鬼 和 昭

私の質問事項及び要旨は、
 1.市政報告について
    ①地方創生について
    ②水産業・関連産業の振興について
    ③食のまちづくりについて
    ④子育て支援の推進について
    ⑤新しい学校づくり及び保育所整備について
    ⑥広域による新たなごみ処理施設の建設について
 2.病院経営について
    ①防災面での医薬品の確保について

以上、通告した質問事項及び要旨に基づき市長と教育長へ質問をさせていただくとともに、それら施策推進に当たり私の提案を述べさせていただきます。

 私ども市議会議員の任期は既に後半となり平成29年6月8日であり、岩田市長の任期も同年7月25日で満了となります。
そこで、それぞれ改選時期を平成29年度に迎えることを考えると、平成28年度、いわゆる来年が実質的な最後の施策提案及び予算編成とならざるを得ないと考えます。そういった現状を考えると岩田市長2期目の市政運営の成果と積み残しといった課題を総括しながら本市の先行きを議論しなくてはならないであろうと思います。
 そこで、先ずは岩田市長自ら施策の成果と積み残している重要課題について述べいただきたいと思います。

 それでは具体的な質問として、今定例会における岩田市長の市政報告について、先に述べた質問事項及び要旨に沿って問います。

①地方創生についてでありますが、これらは主として定住人口の増加や入込客等の増加を掲げています。そして併せて雇用の場の確保や創出、或いは地元経済の活性化が肝要ではないかと考えます。

 そこで、人口減少対策と雇用の場の創出として市役所内のワークシェアリングを提案したいと存じますが、この提案は幾度となく一般質問で取り上げています。
 予算の中の物件費として支払われている金額を勘案すると本庁舎や教育委員会における雇用体系から費用対効果はどうなのかということであります。
他の自治体では臨時職員採用としても事前に職種による登録制をとっているところもあり、本市のように税の徴収等専門的な職員採用もあれば単年度のように期間を決めた一般事務だけの職員採用もあることから、時として同じ人物が課とか係を変えて採用されている場合もあります。そういった観点から、一層のこと市役所内の係や担当等を正職員と仮に専門職員と表現しますが、それらを明確にし職場の係や担当の仕事をシェアリングして、できうる限り若い年代からの第二職員的な雇用を進め、就労の場を創出することを真剣に考えてほしいと思います。若い人たちの就労の場を市役所自ら創出しても強く要望いたします。
単年度の臨時雇用制度に対しプロパー的な職員を確保できる可能性もあると思われますことから、こういった取り組みを真剣にされる気はございませんか。正職員にもいい意味で刺激のある機構改革だと思いますので、是非ご検討をしていただけないでしょうか。

 また、地元経済を停滞させてはならないとの思いから、地域振興券の販売を尾鷲商工会議所とともに継続していくべきだと考えますが、いかがですか。
 本年度は国の地方創生の補助金活用もあり、他の自治体では2割以上の補助を行う中で、この地域振興券を従前から行ってきた本市は尾鷲商工会議所とコラボレーションのもと、将来展望も考え国の補助があるとはいえ1割としてきた経緯を鑑み、市としても消費税が10%になることを前提に取り組むべきと痛感しますが、国が進めた地方創生に対するこの取り組みについて、市単独であっても引き続き尾鷲商工会議所と取り組まれるのか市長の所見を求めます。

 もう一点は、市内のWi-Fi整備を観光集客的に進めるとともに企業等のサテライト事業所の誘致を促進することも空き家対策等も含め、定住人口増加対策の戦略としては考えられるのではないかと思いますが、地方創生事業を進めていく中で検討はできないものか、お考えをお聞かせください。

②産業・関連産業の振興についてですが、市政報告では漁業体験教室や長期研修制度について、特に「早田漁師塾」から地域への定住実績を強調されています。
これは評価すべき施策と称賛を惜しみませんが、そこで今後の展開を考えると、こう言った事業に対する宿泊所の整備や地域へ定住された方々への住宅対策に行政も積極的に取り組むべきだと考えますが、市長はどう考えますか。

③食のまちづくりについてですが、尾鷲棒であるとか、尾鷲よいとこ定食、また、尾鷲商工会議所が始めた「旬のこつまみバル」、或いは、定着しているイタダキ市や魚まつりなど、それ相当の成功と集客効果を上げていますことに関係者の方々に対し敬意を表するものですし、これまでの特産品開発等や食のブランディング・プロモーション事業等が進んでいますが、行政として民間と共創して食の拠点を具現化することこそ、食のまちづくりの根幹をなすべきものであり到達点であると考えます。

 近隣の紀北町や熊野市の道の駅や集客施設、或いはイベント等の取り組みとの相乗り効果を考えると、既に3年前から提案し続けているように、本市は海岸部に「海の駅」なり「魚の駅」等の拠点を構えるべきであり、これまでに整備された県立熊野古道センターに隣接する夢古道おわせや、民間施設ではありますが42号線沿いにある「おわせおさかな市場おとと」と共生した取り組みとして、海岸部への食の拠点整備を明確にすべきでありますし、その整備計画が提示されないことには前に進みませんが、この整備計画は「食のまちづくり」構想のときにだけに必要であって、具体的な食の拠点整備の青写真すら描く気はないのですか。食の拠点整備を行わないのか、この施策に対する岩田市長の意気込みがあるのでしたら、お示しください。

④子育て支援の推進について
本市は人口減少対策として「子育てしたいまちづくり」「子育てしやすいまちづくり」に取り組んでおり、それらについてはご報告されていますが、子育てには大きくは乳幼児子育て時代と児童生徒子育て時代があります。
 今回は児童生徒子育て時代に絞って提案を申し上げたいと思います。特に、放課後児童クラブ及び放課後子ども教室についてですが、国の指針にもありますように平成31年度までにこれらを一体型として一か所に整備されることが目指されています。

 これまで進めてきた小中学校や保育所の施設整備において、弱小意見でしかありませんでしたが、子育て世代の応援施設として学校や保育所の再編とともに学童館の設置を平成9年より提案し続けていますが、ここ数年では、放課後子ども教室事業のみが行われて、これはこれで無いよりも、あるほうがとの感が強く、果たして本市はこれまで本気で、或いは本心で子育て支援を行なってきたかと言えば、そうでは無かったとしか言いようがありません。
 多分、私がこれまで関わってきた首長は、育メンでは無かったと、そして現首長である岩田市長もそんな気配を感じません。
 私は共働きで子育てを行なってきたので、30年前では当時としては珍しい育メンだったと自負していることから、子育て世代の特に子どもらの小学校時代の応援こそ、若い世代の生活そのものをバックアップするものだとの思いから、空き教室ではなく本格的な放課後クラブとしての拠点整備こそが人口減少対策としての施策ではないかと考えられます。市長のご所見を伺いたい。

⑤新しい学校づくり及び保育所整備について
三木小学校、三木里小学校の再編を主たる課題として取り組んでおり、両地区や保護者の方々との懇談会を通じ「新しい学校づくり準備会」協議や、何よりもすでに策定されています「尾鷲市立小中学校の配置計画」を再検討し、輪内地区の小学校区を1校区から2校区改め、新しい学校の設置場所についても第三者機関による客観的な調査を行っていくなど建設的な取り組みがなされていることを理解していますが、最近、三重大学のサテライト教室計画等に対して、岩田市長は漁業や林業に特化した講座を要望していくとの発言もあることから、新しい学校づくりには本市の特性であるとか地域性を鑑み見たコンセプトも必要ではないかと痛感します。市長及び教育長はどうお考えなのか、具体的な意見をお聞かせください。

 また、保育所整備については「尾鷲市保育所整備基本計画」まで策定し議会の同意を得て進めてきた経緯がありますが、今回財政的な理由から第四保育園の整備を一か年延長することを打ち出しました。しかしながら、諸々の地方創生事業や新たなごみ処理施設、或いは、その他、津波避難タワー等を含め公共施設の耐震整備等の公共事業を強力に進めるにおいても、国の補助金のみならず自治体自らの自己資本も投入しなくてはならないことから、財政全般の抜本的な見直しを迫られるのでないかと危惧しますが、第四保育園整備は一か年の延長で計画を遂行できるのかご説明ください。

⑥広域による新たなごみ処理施設の建設について
今回、新たなごみの処理施設建設を前向きに検討していくことを5市町の首長が了解したことが報告され、紀北町でも同様の報告がされたことがメディアを通じ確認したところですが、この施設建設について、これまでに建設場所を本市内で選定することを示唆されていますが、改めて確認させていただきます。このことは既成の事実なのでしょうか。

 これまでの認識が変わらないのであれば、どこを建設場所として検討されているのかお示しください。


最後に病院経営について
①防災面での医薬品の確保についてですが、この提案は既に本年第2回定例会
の一般質問で問うていますが、半年近く経過した現在、その方向性すら聞く
こともなく、また所管する生活文教常任委員会でも報告されていないことから、先ずはこの件に対する現況をご説明してください。

 また、今定例会においても地域の人口減少が医療人口の減少となり、内科医師等の不足も相まって医業収益の減額がされています。そういった中で、医薬品関連の防災協定を結ぶとともに高額な医薬品の在庫管理を委ねることで、資金不足が進む当病院にとっても財務上の負担軽減が考えられますし、来年度も薬価差益の縮小等診療報酬の見直しでも影響がでているようであります
病院経営上そういったトータル的なことも踏まえて、医薬品販売会社との連携とか他自治体病院で行なわれているような薬局部門におけるSPDシステム、いわゆる物流管理システムにより使用した医薬品代金のみを支払っていく方式を行なっているところもあり、薬局部門の指定管理制度等も含め、将来的な病院経営を検討していかなくてはならない時に来ているように察しますが、その点はどうなのか真摯なお考えをお聞かせください。

これで壇上からの質問を終えます。


※これらのやり取りは、ユーチューブ等で録画放送も行っていますので、尾鷲市ホームページの尾鷲市議会情報から検索してみてください!


初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-12-08 18:52 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成27年第4回尾鷲市議会定例会(通称:12月議会)に計上された予算は~

 平成27年第4回尾鷲市議会定例会(通称:12月議会)に計上された予算及び施策を紹介します。
 
 一般会計補正予算(第5号)では歳入歳出とも9千111万8千円、そのうち歳入の主なものでは11款分担金及び負担金799万3千円、国庫支出金2千851万1千円、県支出金4千429万7千円、財政調整基金からの繰入金2千524万1千円や諸収入2千887万6千円だが、市債(借入金)を4千38万円減額した財源構成となっている。
 一方の歳出では、総務費4千325万2千円で主に昇給等による増減分や退職手当、民生費6千781万8千円で主なものでは保育園運営費5千111万9千円やその他の事業及び事務費であるが、第4保育園の整備工事の次年度への先送りによる△961万6千円等の減額も含む。あとは、紀北町と「伊勢志摩サミット用」尾鷲ヒノキのテーブルをアピールするための負担金100万円などである。

 特出すべきは、これまで新年度の業務委託等はその年度の予算に計上されていたが、今回から入札等を前年度の3月に行うことを前提に、平成28年度から更新される業務委託や指定管理料、管理委託業務等が今定例会で債務負担行為として42件も計上されている。


 国民健康保険事業特別会計では9千987万8千円が補正されているが、歳入では国庫支出金8千62万5千円・県支出金1千387万9千円・繰入金5千861万6千円、減額で療養給付費等交付金△519万9千円・共同事業交付金△4千810万2千円が主なもので、歳出のほとんどが保険給付金1億2千345万3千円で、減額として総務費△612万3千円・共同事業拠出金△1千726万2千円等である。

 後期高齢者医療事業特別会計では、81万6千円の補正であるが、総務費について一般会計から繰り入れしたものである。


 病院事業会計では、歳入として医業収入等の減額で△1億3千9万8千円、医業費用及び医業外費用等の減額△8千388万9千円となり、年度末の純損失金(当年度の赤字額)は1億3千23万6千円が見込まれている。

 水道事業会計では、収入で特別利益等381万1千円、支出で営業費用の減額として△958万3千円で、年度末の純利益金は2千480万3千円が見込まれている。


 これらは開会日である12月1日(火)本会議で議案として上程され審議留保、7日(月)議案に対する質疑の後、予算決算常任委員会に付託され審議される。


※なお、一昨日の議会運営委員会よりタブレットを活用した議会運営がスタートしました。会議案内や各種通知等はメールで案内し、会議運用ソフトであるSidobooksクラウド本棚にこれまでの紙ベースの議案書や予算書、あるいは審査補足資料一式がすべてUPされています。
紙ベースと併用しますが、新年度からは職員の議会資料作成の業務時間の削減と用紙代やコピー代等の経費の節減をスタートさせます。
議員は、メールの確認とSidobooksクラウド本棚の使用法についてマスターするのみです!いつまでも職員に頼ったり、無駄な時間を減らすことも重要な議会改革です。

a0196709_2253063.jpg


※議会中継を行っています!
市内ではエリアワンセグ(オワセグ)で、あとはUstreanやYouTubu尾鷲市議会を検索してください。
 
 

Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-11-26 19:13 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成27年第4回尾鷲市議会定例会が開催されます。

 議会運営委員会(委員長:濵中佳芳子、副委員長:小川公明、委員、真井紀夫、田中 勲、三鬼和昭、南 靖久、奥田尚佳 ~敬称略~)が、本日、午前10時より開催され平成27年第4回尾鷲市議会定例会(通称:12月議会)の上程議案等が執行部より、そして議会より会期及び議事日程(案)が示され、それらを承認し、その旨全員協議会で報告されました。



会期及び議事日程(案)

12月 1日(火) 本会議  議案上程・提案説明(審議留保)
     2日(水) 議案調査
     3日(木) 議案調査 一般質問&質疑通告締切(午前11時)
     4日(金) 議案調査
     5日() 休 会
     6日() 休 会

     7日(月) 本会議   質疑・一般質問
     8日(火) 本会議   一般質問
     9日(水) 本会議   一般質問
    10日(木) 総務産業常任委員会
                  議案審査及び所管事項の報告
    11日(金) 生活文教常任委員会
                  議案審査及び所管事項の報告
    12日() 休 会
    13日() 休 会

    14日(月) 予算決算常任委員会
                  議案審査
    15日(火) 予算決算常任委員会
                  議案審査
    16日(木) 休 会    (予備日)
    18日(金) 本会議   委員長報告・質疑・討論・採決

※会議時間は午前10時~午後4時までです。
 なお、延長される場合もあります。 


提出議案

 第62号 尾鷲市行財政改革推進委員会設置条例の制定について
 第63号 尾鷲市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例
       の制定について
 第64号 尾鷲市ふるさと応援基金の設置、管理及び処分に関する条例
       の制定について
 第65号 尾鷲市放課後子ども総合プラン運営委員会設置条例の制定
       について
 第66号 須賀利大池及び小池保存管理委員会設置条例の制定について 
 第67号 尾鷲地区福祉有償運送等運営協議会設置条例の制定について
 第68号 尾鷲市老人ホーム入所判定委員会設置条例の制定について
 第69号 尾鷲市健康づくり推進協議会設置条例の制定について
 第70号 尾鷲市予防接種健康被害調査委員会設置条例の制定について
 第71号 尾鷲市役所出張所設置条例の一部改正について
 第72号 尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例
       の一部改正について
 第73号 尾鷲市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等
       に関する条例の一部改正について
 第74号 尾鷲市市条例等の一部を改正する条例の一部改正について
 第75号 尾鷲市奨学金貸与条例の一部改正について
 第76号 尾鷲市地区コミュニティーセンターの設置及び管理に関する条例
       の一部改正について
 第77号 尾鷲市国民健康保険税の一部改正について
 第78号 尾鷲市消防団等公務災害補償条例の一部改正について
 第79号 平成27年度尾鷲市一般会計補正予算(第5号)の議決委について
 第80号 平成27年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計補正予算
       (第2号)の議決について
 第81号 平成27年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計補正予算
       (第2号)の議決について 
 第82号 平成27年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第2号)の議決
       について
 第83号 平成27年度尾鷲市水道事業会計補正予算(第3号)の議決
       について

※議案第62号・第63号・第64号・第72号・第73号・第74号・第78号の7件は総務産業常任委員会(12月10日)、議案第65号・第66号・第67号・第68号・第69号・第70号・第71号・第75号・第76号・第77号の10件は生活文教常任委員会(12月11日)に、議案第79号・第80号・第81号・第82号・第83号の5件は予算決算常任委員会(12月15日、16日)にそれぞれ付託され審査されます。


陳情
 
 
 第 2号 上水道給水区域の拡張についての陳情
        (尾鷲市大字向井273 向井区 吉澤直人)

※開会2日目に上程され、総務産業常任委員会(12月10日)に付託され審査されます。



※なお、本日の議会運営委員会よりタブレットを活用した議会運営がスタートしました。会議案内や各種通知等はメールで案内し、会議運用ソフトであるSidobooksクラウド本棚にこれまでの紙ベースの議案書や予算書、あるいは審査補足資料一式がすべてUPされています。
紙ベースと併用しますが、新年度からは職員の議会資料作成の業務時間の削減と用紙代やコピー代等の経費の節減をスタートさせます。
議員は、メールの確認とSidobooksクラウド本棚の使用法についてマスターするのみです!いつまでも職員に頼ったり、無駄な時間を減らすことも重要な議会改革です。

a0196709_2253063.jpg


※議会中継を行っています!
市内ではエリアワンセグ(オワセグ)で、あとはUstreanやYouTubu尾鷲市議会を検索してください。
  



Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-11-24 22:06 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE