タグ:尾鷲市議会基本条例 ( 3 ) タグの人気記事

 

議会報告会が終わりました。

 議員として今任期最後となる議会報告会が終わりました。

a0196709_23113407.jpg

 平成29年第1回尾鷲市議会定例会の結果等を資料として、尾鷲市議会基本条例で定められている議会報告会は4月11日からA班、B班によりそれぞれ6会場で開催し、最終日は市中央公民館3階講堂にて39人の参加をいただき開催されました~

 資料説明を担当したことから、一般会計予算の歳入歳出や病院事業会計予算の収支については、これまでの会場での説明よりも額を明示しその増減や内容的なことを予め説明し質疑応答の段階での時間を配慮するも、「病院存続の重要性、24時間/365日診療やリニアックの必要性については、そのことを否定する議員はいない」訳なので、議長が代表して述べれば議会の重みとして表すことができたのではと・・・、一人一人がそれを言っても異口同音か、収支とか運営方針を自分がこんなところで言ったと各論になってしまうのみだと感じた・・・
 それに、既に地元新聞がこれまでの各会場での質疑応答について、委員の声を丁重に取り上げてくれている・・・

 病院経営については、尾鷲市一般会計予算と絡めて議論しなくては「打出の小槌」など無いわけであるから、新市長の施策の優先順位により決まるのである。有利な補助金が無い以上、自費でやるしか無い!のであり、こう言った施策を優先させればどの住民サービスにプラス・マイナスの影響がでるのかのか総合的な財政診断をして、市民にも明快にした上で結論をだすべきであろう!


 また、これまで学校の耐震化とともに保育園の場所の移転と整備についても問われ、全保育園の定員数との整合性や地方創生のなかでの子育て支援の重要性を述べ理解をしていただくべく発言をしたが、南 靖久議員と共に計画時に保育園の統合、或いは将来の構想等についても計画や意見があったことを説明した。
 小生は、今も第4保育園のところに、放課後学童保育の拠点にすべき!との考えを持っている。


 この他にも、国民健康保険についてや環境問題についての問い、尾鷲中学校の給食実施やコミニュティバス料金の値下げ要望、学校及び保育園の再編について、夢古道おわせに整備された厨房について等、これに広域での新ゴミ処理施設整備について、市民に対する周知のあり方を問われるも、環境問題については三重県の許認可に関することもある。

 また、一部執行部担当課に問い合わせていただければ簡単にすむことであったりで、議会の対応について指摘されても・・・とは言え、ここでも執行部の情報開示、取り分けホームページの活用の仕方に問題があることには共通認識であり何人かの議員は既にそのあり方を指摘されていることである。
といったところであろうか、議会運営なのか執行部への指摘なのか、それとも議員の取り組み方なのか、資質についてなのか、とにかく苦言提言をもいただいた次第である!


 全体での反省点は、開催日と時間をよく打ち合わせることであった。また、今夜の開催については、各方面への呼びかけが功を奏し40人からの参加者を得たが、全員参加の場合の質疑応答のあり方は試行錯誤の余地(反省点)ありと言わざるを得なかった・・・

議員は、議会報告会で個人的な意見を述べたり、アピールなどせずに粛々と質問に対し答弁をするべきだし、議員個々の取り組みとか意見は4年間にわたる在任期間中に質疑や一般質問、或いは、その他諸々の議会活動を務める中で取り組むべきである!

議員の仕事期間と政務活動は4年間を通して行なうことが責務なのである。

a0196709_07332551.jpg

 議員全員での報告会では5~6人の議員で約90分行なわれていたものが13人の議員となることから、質問に関し答弁はできうる限り私見を避け議会全体のコンセンサスを得た説明が肝要である!そんなことから説明の段階で、これまでの会場よりも一般会計及び病院事業会計については前年度比に対する額と増減を加え、起債(借入金)や公債費(返済金)それに基金、及び病院への操出金の詳細を含め細かく行なった。
 これらは報告会への参加者には専門的なことがあるので直ぐには判断できにくいことでもあるが、要は本市の2つの会計において歳入・収入と歳出・支出に見る経常収支比率の指標が高く、財政の硬直化が様々な施策の展開に難があることになっていることが根本にあり、だからこそ「財政健全化計画を作成すべし!」と言うことの意味である。何故ならば、「財政健全化計画」には、財政が逼迫したなかでも施策の優先順位とその時期と言った指針を描かなくてはならないからである!

 今回の報告会で病院についての問いに対し冒頭に答えた議員が、「24時間/365日診療を行なっている病院存続の必要性とリニアック整備について、議会側、全議員に反対など一切無い」と議会を代表するコメントをされた時点で、小生他数人の議員は私見など述べる必要性を感じなかった。私ごとで述べれば「後の生命を信頼する医師に委ね手術した小生は、尾鷲総合病院の存在及びリニアック装置の整備についてはどの議員よりも身を持って、そのひつようせいを実感している」ことから、新市長には尾鷲市の財政全体の指針を示し、市民によく理解されることを前提に議会と議論し速やかに対応していただくことを願うのである~~



Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif

[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-04-25 23:07 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

倉ノ谷集会所で議会報告会(A班)が開催されました~

 A班(◎南 靖久、田中 勲、小川公明、三鬼和昭、高村泰徳 ~◎班長、敬称略~)の議会報告会3ヶ所目は倉ノ谷集会所でした。

a0196709_23462601.jpg

 倉ノ谷集会所に着いた頃には昼間から降り出した雨が激しくなり、誰も来てくれないのではないのだろうとかと心配し出すも、定刻となると・・・、7人の参加がありました。安堵しました (^_^)

 この会場では、班長の南 靖久議員が説明役を~

 前回の三木浦コミニュティセンターでは小学校再編問題、そして梶賀コミュニティセンターでは地域おこし協力隊とか移住定住等についても、地域の特長や課題として話し合われましたが、ここの会場では、尾鷲総合病院経営についての質問が多く出ました。特に地元の民間企業で責任ある立場にいた経歴を持たれる方は企業会計を理解されており、一般会計及び地方交付税、そして、地方交付税の中に含まれる病院分の説明を議員側からすると十分に理解をしていただけたことや、平成28年度3月31日付における損益計算書の純損失6千390万8千円に対し、減価償却費2億2千5万9千円であることから一時借入金4億5千万円が当該年度損益の現金不足のみだけではなく、収支見込みや一般会計からの繰入ではなく4条予算にある医療機器等の資産的な支出に関連して、現金不足を補うための一時借入金(民間でいう短期借入金)が発生したことを説明すると〜理解していただけたのではと・・・、当然、電子カルテの導入とも併せて資本的支出は増額していることが決算に表れています。また、医師手当増による当該年度の支出増も否めないが、医業収益を堅持するための医師確保に対する考え方を否定することも難しいとの見解についてうなずかれていました。

 確かに、ただいま議論が集中しているリニアック整備については反対している議員はいないことから、一般会計における財政状況と病院事業収益(医業収益)の状況の判断、それに資源を集中的に投下する「選択と集中」のなかで施策の優先順位の結論を出すという、新たなる執行権者たる首長の決断が総てのように思われる・・・

 勿論、有利な補助金の活用ができればと全議員が、それを望み考えていることも事実である。

 病院への繰入金の考え方や企業債(借入金)やその償還金等を含め、現執行部もリニアック導入について考慮していることも否めないと思える。これだけいろんなところでリニアック整備の話題が出るのであるから、市長及び執行部は、どちらにしても『理』を以て市民のみなさんに対する説明責任がこれまで以上に伴ってきたのである。

 地元新聞を持って質問をされるシーンもあり議員側の言葉足らずなのか~と考えつつも、今回の会場ではその新聞記事の発言の意味するところ、言わんとしている内容について質されていたので議論が深まったような気がしました。議員側も各論だけのような物事の解説だけではなく、市の現状や病院経営の現状等も鑑み議論することも必要不可欠のように思える~~、複数の議員が発言することから簡潔に説明すべきであっても、専門的なことはなかなか伝わりにくく難しいことでもある。

その他にも、市役所の耐震問題や庁内について、或いは地下歩道の件などについても、発言をいただきました。

 B班も大滝集会所で議会説明会を開催しましたので、雨天の中、会場へお越しいただいた市民のみなさんにお礼申し上げます。


Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif

[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-04-17 22:03 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成29年度第1回議会報告会が始まりました~

 平成29年度がスタートし、第1回定例会の結果等を中心とした議会報告会が行なわれました~

a0196709_07275850.jpg

 小生ら総務産業常任委員会(委員長:南 靖久、副委員長:田中 勲、委員:小川公明、三鬼和昭、高村泰徳)で構成されるA班は三木浦コミュニティセンターからスタートでした。

 上村紀美男町内会長(区長)曰く「町内放送で呼びかけたが、昨夜来の雨で聞き取れなかったのでは・・・」との弁でしたが、11人が参加してくれました。
 班長の南委員長より冒頭に挨拶、そして自己紹介の後、小生が第1回定例会の議案に対する経緯と採決結果、一般会計及び病院事業会計の歳入歳出についてや各常任委員会での報告事項等を説明し質疑応答となりました。

 報告に対する質疑等はありませんでしたが、その後の懇談となると1点目として「三木里地区と三木浦地区による学校の再編が議論されているが、三木幼稚園の件については耐震等はどうなのか」「保育園舎整備ばかりで三木幼稚園の耐震等は行なわないのか」との質問があり、定例会での小生の質問時の二村教育長の「小学校と幼稚園が一体となった再編が考えられる」との答弁を引用し、「そうなれば、当然、幼稚園舎の耐震整備等も考えられるし、考えねばならない」と説明を~
 
 2点目としては、「数年前に火災した鉄骨で建築されていた建造物が市道沿いにあり、落下等も考えられ危険な状態にあることから市としてなんとかならないのか、所有者は町内に住んでいない」と言うことであった。この対応については直ぐには返答できないまでも、できうる限りの聞き取りを行ない報告会終了後に南 靖久議員、高村泰徳議員と小生の3人でその建造物を確認に現場まで出向きました。

 3点目としては、現在2市3町の広域で検討されているゴミ処理施設の進捗状況に対し説明を求められましたが、現職である岩田昭人市長が三選不出馬を声明したことから「具体的には市長選挙後に具体的な取り組みとなろう」とのことで理解を求めました。

 他には、コミュニティバスについては、市役所や病院等への中心地までの運行と共に賀田湾沿岸地区間での利便性が求められることから、スクールバスの有効な運用について望まれていました。そして、地域おこし協力隊については「国の補助期間後に、その地区へ移住定住される方がいないものか」とか、集落支援員についても「柔軟な補助金の活用ができれば・・・」等が意見交換として行なわれました。


 約1時間でしたが、質問も的確な弁でされることから無駄がなく地域の課題とともに要望や考え方を示され、結果的には実のある報告会となったような気がしました。


 なお、生活文教常任委員会(委員長:中平隆夫、副委員長:奥田尚佳、委員:内山鉄芳、濵中佳芳子、三鬼孝之、村田幸隆)で構成されるB班は、矢浜コミュニティセンターからスタートしています。

 本日は、B班が須賀利漁民センターで議会報告会を行ないます。


 是非、議会報告会会場へお越しください!






Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif

[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-04-12 08:27 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE