タグ:観光・物産 ( 96 ) タグの人気記事

 

尾鷲木材市場の初市を視察しました~

 議会総務産業常任委員会(委員長:榎本隆吉、副委員長:南 泰久、委員:田中 勲・小川公明・三鬼和昭・高村泰徳)が尾鷲木材市場協同組合(田中靖敏理事長、組合員60人)を訪問し、平成29年の原木初市を視察しました。
 この視察には、委員外からは真井紀夫議長・内山鉄芳議員・中平孝夫議員・奥田尚佳議員が参加しました。

a0196709_1144433.jpg

a0196709_1155718.jpg


 最初に同協同組合事務所にて、同行した木のまち推進課(内山真杉課長)が市有林供給の重要性や主伐事業での森林管理、及び地元林業の活性化等について述べ、田中靖敏理事長が昭和50年代は市内に2ヶ所の原木市場があり年間8万~9万立方メートルの入荷で約50億円の売り上げがあったことや、近年は約1億8千万円まで落ち込む厳しい経営状況が続くが、地元市場を残したい一心で頑張っていると話された。

a0196709_1314585.jpg

a0196709_133897.jpg

a0196709_1333542.jpg
 市有林はアリクイ(食跡被害)がほとんどなく好評かを得ており、市場代表として主伐による赤字が続く責任を感じているが、尾鷲ヒノキの市場流通などを見据えて継続供給してほしいと訴えた。
 また、尾鷲ヒノキは地元の大切な財産とも延べ、今後の育林のあり方についても、時代の流れや市場の変化に合わせた供給が重要で、将来を見据えた山作りを見直すのも有効な手段とも語った。
a0196709_1501493.jpg


 この後、初市の様子を見学した。

a0196709_156949.jpg


a0196709_1521845.jpg

a0196709_153107.jpg

a0196709_154084.jpg

a0196709_1571137.jpg


a0196709_2213650.jpg


 ちなみに、年間取扱量は平成25年度 13,000m²(市有林1,290m²)、平成26年度 13,000m²(市有林1,790m²)、平成27年度 11,400m²(市有林730M²)である。


 この日は《夢古道おわせ》で建設中の厨房も視察に予定されていたことから、場所を移動し上村 告建設課長に説明をしていただき、参加者全員でランチバイキングを~~
 この建設中の厨房の写真は、これもでにもfacebookに掲載しているので割愛するが、現在の進捗状況は約60%とのことで、工期が2月16日なので内外装状況や設備が整った頃に紹介したいと思います。




Photo:docomo iPhone 6s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-01-13 22:59 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

ハラソ祭り 2017

 平成29年1月9日(成人の日)、梶賀町で《ハラソ祭り》が行なわれました~~

a0196709_21433496.jpg

 尾鷲市の南端に位置する賀田湾の小さな入江の奥にある梶賀浦(現在は梶賀町)は、捕鯨の歴史を残している。毎年1月(成人の日)に行なわれる《ハラソ祭り》は、その歴史をたどると鯨漁が盛んであった江戸時代の古式捕鯨を再現する祭りである。
 
 当日は、地蔵寺で『鯨供養』を行い、大漁旗や吹流しなど福来旗を掲げた華やかなハラソ船で曽根町にある飛鳥神社へ詣で豊漁と海上安全を祈願したあと、神宮さん辺りで儀式を行ない、その後、梶賀港に戻り港内を巡行し、『ハラソ』の掛け声とともに力いっぱいに船の櫓を漕ぎ古式捕鯨を~~
 「羽刺(はざし=鯨に銛を打つ役目の人)」が舳先に飛び乗り、銛を打ち込む当時の捕鯨の様子が披露される。この《ハラソ祭り》の『ハラソ』とは般若心経の「波羅僧~」と書くらしいが~、『ハラソ』の掛け声は「羽刺」が転訛したとも、あるいは中国から漂着し捕鯨技術を伝えた「秦氏」に由来したとの説もある。

a0196709_2235492.jpg

a0196709_2252437.jpg


a0196709_2262434.jpg

a0196709_2282422.jpg


a0196709_2292142.jpg

a0196709_22102458.jpg


a0196709_22111796.jpg

 地元、輪内中学校の生徒による「エイサー」の演舞も行なわれました。
a0196709_22161751.jpg


 残念なのは、この時期であると「梶賀の炙り」は勿論のことであるが、熊野灘の秋刀魚の丸干しが風物詩の如く浜にあったのだがぁ~~

a0196709_22183570.jpg


 この日は、穏やかな天気だった~

 いつまでも続いてほしいふるさとの祭りである。



Photo:Nikon D750

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・

Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!
『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。  
全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif  
三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif
地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2017-01-11 22:21 | イベント・祭り・展示 | Trackback | Comments(0)

平成26年第4回尾鷲市議会定例会での一般質問~

 平成26年第4回尾鷲市議会定例会で12月10日(水)午後より一般質問を行いました。

 詳しくは、インターネット中継の録画をご参照ください。壇上からの1回目の質問は下記のとおりです。



                          平成26年12月10日(水)

     平成26年 第4回尾鷲市議会定例会 一 般 質 問

                               7番 三 鬼 和 昭

質問事項及び要旨

(1)災害に強いまちづくりについて
   ①岩田市長の考える災害に強いまちづくりとは
   ②津波避難タワー整備について
   ③市庁舎等の耐震化について
(2)まちの活性化について
   ①食の拠点づくりについて

 平成23年(2011年)3月11日14時46分に三陸沖で発生した「平成23年東北地方太平洋沖地震」モーメントマグネチュード9.0、最大震度7による災害及びこれに伴う原子力発電所事故による災害については、「東日本大震災」と呼称され、この悲惨な出来事は映像や自身の現地視察により、未だに記憶から消し去れるものでないことは言うまでもございません。

 また、当地方も太平洋熊野灘沖の南海トラフを震源とする大地震が想定されており、東日本大震災後、国や県の災害に対する考え方が示されたり、指導がされています。同時に本市においても行政のみならず、市民の皆さんの防災に対する備えが進められています。
しかしながら、本市の防災対策、特に行政が進める対策についてはハード部門では防災センターを設置していますが、どちらかと言えば、群馬大大学院の片田敏孝教授の指導による率先避難の周知、防災訓練の実施、住民の積極的な参加動機付け、防災教育の促進といった、いわばソフト部門のほうが、市や消防、学校等の行政を中心に、そして市民においては自主防災会や自治会、或いは福祉や保育施設、或いは事業所などが自主的な訓練において実践されていて、「津波は、逃げるが勝ち」言い表していることもあり防災に対する認識が高揚しているように感じられます。
 しかしながら漁業を主たる基幹産業のひとつをしてきた本市は海岸部に街が開けており、想定される津波による浸水地域も広範囲であります。
 今後、これまで以上に少子高齢化が進む中では、避難設備等のハード部門の整備が急がれます。

 そこで、岩田市長に伺いたいと思います。①ソフト&ハード部門を併せた「災害に強いまちづくり」とはどういう定義、いや、理念をお持ちでしたら先ずお聞かせください。

 私は、津波に対する防災対策については、議員となった翌年の阪神大震災後では、この場より災害時の「市役所及び職員の初動体制」を整えるべきと訴え、当時の杉田市長は初動体制マニュアルを作成し、その訓練は現在も続いてるとのことですが、その後も南海トラフでの地震を想定した津波による防災対策を一般質問で取り上げていますが、東北大震災後にはハード部門の充実を痛感し津波避難タワー整備について、既存施設や新設のもの含め平成23年より4回も必要性とともに具現化を訴えていますが、改めて、②津波避難タワー整備について、お示しください。

 また、私の議員として、行政における防災対策の基本となった「市役所及び職員の初動体制」を深く考えると、その根幹は安全な市役所庁舎ありきでなければないのではないかということです。
 そこで、この際、③市役所庁舎の耐震化について、いや、尾鷲市の司令塔の整備について、具体的な構想をお聞かせください。


 次に2番目の「まちの活性化について」ですが、特にハード部門の施設整備として「食の拠点づくり」について伺います。

 「食によるまちづくり」として庁内プロジェクトが組まれ、現在取り組まれている基本計画が年度末には議会及び市民に示されることになっていますが、一方では「道の駅」整備が進められています。この方針については構想が二転三転し、結果的には災害時の後方支援としての防災拠点と整備される際に併せ、隣接地に「道の駅」を「命の駅」としての整備を前提で国の補助を要望する形で進んでいますが、当初の「道の駅」構想にあった大型物販施設議論は消え、尾鷲の案内所、いわゆるゲートウェーイ構想となったことから、基本的には経済的な「まちの活性化」を主に語るべき施策でもないように思えます。

 そこで「まちの活性化」は、企業の誘致とかも考えられますが、これまでの時代の流れから一朝一夕(いっちょういっせき)には成せるものではないことから、世界遺産熊野古道をはじめとする名所旧跡、そして様々なこの地域の産物を生かす考えから、「食によるまちづくり」が提唱されていますが、この件につきましても、平成24年第2回定例会で具体的に市内の海岸部に「海の駅」とか「魚の駅」として物販店の集合施設、いわゆる物販の拠点施設を提案したところ「食によるまちづくり」とともに、その拠点施設をも考えられるとのややもするとファジーな答弁がなされましたが、現実としては、その構想で進んでいるようですが、この施策とて、有に2ヶ年以上経過しており、何かにつけその日暮らしのような行政運営に些か焦りを抱くのは私だけでしょうか。

 物事にも順を追って進めることは肝要なこととは存じますが、時には逆転の発想も大事ではないでしょうか。「食によるまちづくり」基本構想を策定しながら、その「食の拠点づくり」を並行して検討し、でき得る限り高速道路北インターと南インターがつながる前に、尾鷲が活性するまちづくりをしなくては、一旦、高速道路がつながり熊野市までノンストップになれば、折角の食によるまちづくりとして、尾鷲の食を生かそうにも北インター或いは南インターから尾鷲を周遊しなくてはならない現在の環境とは、集客効果に雲泥の差があると考えられます。

 一刻も早く、①尾鷲商工会議所や漁協・農協関係、或いは民間事業者等とも連携をお願いし、共に、この「食の拠点づくり」施策を創りあげるべきだと強く思いますが、岩田市長のお考えをお聞かせください。

これで壇上からの質問を終えます。





初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-12-25 20:42 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

総務産業常任委員会/管外視察報告 NO.4

 総務産業常任委員会/管外視察報告 NO.4~は、引き続き石川県氷見市です。


氷見市
  人口規模 50,085人(平成26年10月1日現在)

  実施年月日 平成26年10月2日(木)
  視 察 先 氷見市役所(富山県氷見市)
          ※現地視察(氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」)
  視察事項 ①新市庁舎(庁舎移転)について
         ②氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」について

②氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」について

 氷見市は、氷見の寒ブリを始めとする富山湾の海の幸や、氷見うどん、氷見牛など、地元の食ブランドを始めとする、豊かな食と食文化を有しています。それら地元の“食”を産業のみならず、まちづくり、人づくりの柱と考え、「きときと氷見食のまちづくり条例」の制定など、様々な施策を進めています。
 そんな氷見市にあって、食の拠点とも言える「ひみ番屋街」について、庁舎整備の説明を受けた後、お話を伺いました。

a0196709_22205033.jpg

a0196709_22212956.jpg


 現地については、前日、加賀市からの行程途中に訪れ、施設内見学の時間を設けました。平成24年にオープンしたこの施設は道の駅でもあり、とても広く、綺麗で、漁師の作業小屋である「番屋」をイメージしているとのことで、趣のある外観、店内になっていました。
 富山湾や立山連峰を一望出来る、絶好のビューポイントに立地しており、近くには定置網などを見学できる遊覧船乗り場が、施設内には32店舗もの鮮魚、干物店、飲食店や物販施設、観光情報センターなどが入っており、温泉、足湯も併設されていました。

a0196709_2230207.jpg


 平日の午後2時すぎにも関わらず、多くの人で賑わっており。観光バスや車も多くあり、観光客などの外来者も多くいるようでしたが、市内を走る巡回バスが止まることもあり、地元の方も多く訪れているようでした。施設は東の番屋、西の番屋、南の番屋、北の番屋とそれぞれ用途、内容により分かれており、新鮮な魚介類や、製造直売店、お土産、フードコートなどが充実し、全て回るのには少し時間を要しましたが、配置や見せる工夫からか、楽しく、興味深くまわることが出来ました。また、広場などもあり、地元の高校生が制作した椅子なども設置され、小さい子を連れた家族連れが遊んでいる姿も見かけました。まさに氷見市の賑わいを創出する、人が集う拠点施設でした。

a0196709_2393643.jpg

a0196709_23101278.jpg


 さて、この「ひみ番屋街」の施設基本構想の作成にあたっては、市の発展のためにみんなで合意して進めていく必要があること、市全体の活性化を見据え、経済情勢をはじめとした様々な状況に対し、柔軟に対応・調整する必要があることから、企画会社を設立し、企画会社を中心に利活用事業の議論を深めていくことになりました。ここで、まちづくり企画会社「合同会社まちづくり氷見」が設立されます。会社は、能越ケーブルネット、商工会議所、農協、漁協、観光協会、市の6者で構成されており、様々な市内の団体や個人の活動をオール氷見として、一つのベクトルとして集約を図り、地域の持っているものを最大限に活用したまちづくりを目指すことを目的とし、現在も活動しているそうです。この「合同会社まちづくり氷見」が施設整備の基本構想を策定しました。そこで、拠点施設の開発、運営に関しては、民間企業に任せるのではなく、市や公共的な団体などが出資する「第三セクター方式」の株式会社を事業者とすべき、との答申が市長に出され、市と合同会社まちづくり氷見が発起人となり、「氷見まちづくり株式会社」が設立されます。出資は市や商工会議所、農協、漁協、市内主要団体・企業で、まさにオール氷見で設立されていました。

a0196709_22243123.jpg

a0196709_22245770.jpg

a0196709_22252396.jpg

a0196709_22254837.jpg


 この「氷見まちづくり株式会社」が「ひみ番屋街」の建設、運営を行っていきます。第三セクターと聞くと経営悪化など、あまりよくないイメージを思い浮かべてしまうこともありますが、こちらでは現在のところ成功例と言っていいでしょう。その背景には、氷見のよさをもっと生かしたいという事はもとより、能越自動車道の開通で氷見が通過地域になってしまう懸念、北陸新幹線開業を間近に控えた対策に地域が一丸となって取り組んだ結果だったということがあったと考えらえます。また、道の駅ともされていたので、その辺りの整備の経緯も尋ねますと、独自に「ひみ番屋街」としての施設を整備し、その後、道の駅としての認定を受けたとのことでした。作ったものに、後から道の駅としてのネームバリューを加えると言う発想はありませんでしたので、そういう手法もあるのかと感心させられました。

a0196709_22264115.jpg

a0196709_22272154.jpg

a0196709_22275485.jpg

a0196709_22281591.jpg


 氷見市でも、多くの地域と同じように、大型ショッピング施設などの進出により、これまでの商店街等の市中心部がさびれて行く現状が見られました。そんな中、「ひみ番屋街」は外部からの観光客を集める集客施設としてではなく、市内を走る巡回バスが利用され、地元の人が集まる、まちのにぎわいの拠点としての機能も備え、活用されていました。

a0196709_2310298.jpg


 氷見市としては今後、氷見まちづくり株式会社と協力し、「ひみ番屋街」と中心市街地や市内の各村々とのネットワークを構築し、番屋街を訪れた人たちが市内の名所、観光地へと回遊できる仕組みをつくりあげ、「氷見の元気づくり」を推進したいということでした。尾鷲市でも、街中への集客施設施策や道の駅施策が議論されており、そのあり方に対する考え方など、参考になるものを得た視察となりました。

 

Photo:SONY DSC-TX300V
Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-11-30 23:11 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

総務産業常任委員会/管外視察報告 NO.2

 総務産業常任委員会/管外視察報告 NO.2~は、石川県加賀市です。

加賀市
  人口規模 70,552人(平成26年10月1日現在)

 実施年月日 平成26年10月1日(水)
 視 察 先  加賀市役所
         ※現地視察(加賀市内大聖寺地区)
 視察事項  町屋の活用・再生に向けた取り組みについて

  加賀市は、石川県の南西に位置し、福井県との県境、日本海に接しています。北は広大な松林に囲まれた越前加賀海岸国定公園を擁し、中央部には豊かな平野が広がり、さらには千古の由来を誇る温泉などの天恵の自然環境と、温暖で四季の変化に富んだ自然条件のもとに立地しています。

a0196709_1145827.jpg

 加賀市内、大聖寺地区には、江戸時代の町割がそのまま残り、現在も城下町としての面影を残す町並みが形成されています。町屋の事業に取り組んだ背景としては、古い町ゆえの中心市街地の衰退や、高齢化世帯の増加や家屋の老朽化などによる空き家の増加など、地域の活力が低下している状況がありました。そのような状況を改善するため、地区内に残る町屋は、歴史的景観を形成する要素であり、良好な居住環境やまちなかの賑わい創出を実現できる地域の財産であるという考え方から、加賀市では、町屋による「歴史的景観の保全」、「良好な住環境の実現」、「まちなかの賑わい創出」を目指して、「大聖寺地区 町屋再生計画」を策定し、町屋の活用・再生に向けた取り組みを行いました。この地域は、元々観光客が集まるような土地ではなかったこともあり、ブームになるような、観光などの集客を目的としたものではなく、まちづくり活動をしているNPO団体と共に、住んでいる人が、自分達の地域に誇りや自信を持って欲しい、住んでいる人が文化的な豊かさを感じるまちにしたいと、住んでいる人のためのまちづくりとして取組み始め、結果として、まちに若い人も集まりだし、観光にも繋がったということでした。

a0196709_1154717.jpg

a0196709_1164162.jpg
 加賀市議会議長さんから歓迎のあいさつを~

a0196709_1171041.jpg

a0196709_1173556.jpg

a0196709_1182190.jpg
 施策の仕組みを説明していただきました。

a0196709_11957.jpg
 加賀市議会本会議場です。

 
 具体的な市の補助内容は、①まちなかの賑わい創出に貢献する施設(ギャラリー、作業場、店舗等)への改修工事に係る経費、補助率2分の1、限度額150万円、②町屋などの伝統建築形態を維持、回復するための修繕工事に係る経費、補助率2分の1、限度額150万円、③耐力上必要な主要構造部の補強工事や防腐、防蟻工事に係る工事、補助率2分の1、限度額250万円という、改築する場合ものとなっています。また、市として、物件を市HP上で公開するなど、貸し手と借り手の間をとりもつ、お見合いの仲介のようなことをしているとのことでした。元々旧家のお屋敷が多く、改修費用は高額になるようですが、その費用については借り手がその負担を負うことがほとんどで、それは、そこまでしても借りたいということと、賃貸料としては3万円から5万円までと、物件から見ると安い価格帯での契約になっているといことがありました。貸す側としても、先祖代々から引き継がれているものを取り壊すわけにはいかない、かといって空き家として維持していくことも難しいということもあり、大事に使ってくれるなら、街並みや活性化に協力が出来うるならということで、まちのために貸しているという意識の人が多く、市としての固定資産税の優遇措置などもなく、採算もあまり望めないにも関わらず、心意気で協力していただいているとのことでした。

 現在抱える問題点としては、当然ですが、よい物件から先に出てしまうということと、貸し手と借り手のトラブルが2件ほどあったようです。契約をかわしていないのに居座られたり、詐欺師のような人に振り回されたこともあったようで、市として契約に関わるということはありませんが、仲介をしているということで、トラブルがあると市の名前が出ているだけに、信用の問題になってしまうという難しい部分があるということでした。

a0196709_1254895.jpg

a0196709_1261585.jpg
 地区集会所(公共施設)もこんな風でした~

a0196709_1264722.jpg
 大聖寺地区を現地視察~、道路から山側には寺院が連なり、住居も在来工法ものばかりで電柱等も地下整備されたいました。

 
 成果としては、現在19件の事例があり、カフェサロン、工房、ギャラリー、居酒屋、史跡案内所、休憩所、小規模老人ホームなどに利用されていましたが、中には大正2年に建てられた国の有形文化財などもあり、驚かされました。保存することが目的ではなく、これをいかに使って今のまちを元気にしていくかという取り組みが実りつつあり、姿を変えずに、古い建物が新しいものをつくる場となっているようでした。
 古い景観はお年寄りには癒しとなり、若い世代には目新しいものと映り、自然と歴史、文化に培われた景観は、加賀市らしさをあらわしていました。当初は、空き家に補助金を出すのか、収益は見込めない、などの声もあったようですが、まちの本当のいいところはそういうものが残っているというところ、時代が答えをだす、それを信じてやっているとの担当者の意見が印象に残りました。個人的にも、事業の考え方や主旨など参考になることも多く、人口減少対策や一般住居用の空き家対策に絡めても面白いのではないかと感じるところがありました。

 堀川では、こんな事業も復活させていました~

a0196709_1315865.jpg





Photo:SONY DSC-TX300V
Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-11-28 01:32 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

総務産業常任委員会/管外視察報告 NO.1

 小生が委員長を務める尾鷲市議会総務産業常任委員会が9月30日(火)から10月2日(木)に、先進地事例を学ぶために行なった管外視察が地元新聞に連載していただいています。それと同時並行の形でこのブログへも連載させていただきたいと思います。


       総務産業常任委員会/管外視察報告
                        委員長 三鬼 和昭

○視察参加者(敬称略) 
   委 員 長:三鬼和昭 
   副委員長:中平隆夫
   委   員:小川公明、濵中佳芳子、髙村泰德、三鬼孝之
   委 員 外:内山鉃芳、田中 勲、榎本隆吉、村田幸隆(議長)
   随   行: 松永佳久(議会事務局)

○視察先
   ① 石川県加賀市「加賀市役所」
       ・町屋の活用・再生に向けた取り組みについて

   ② 富山県氷見市「氷見市役所」
       ・新市庁舎(庁舎移転)について
       ・氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」について

 総務産業常任委員会として、加賀市では、市内に残る町屋を活かし、まちなかの賑わい創出などを支援することを目的とした町屋再生事業の取り組みを、氷見市では、防災拠点としての役割が担えない市庁舎の移転整備事業と、食でのまちづくりを推進する同市において、賑わいを創出する拠点施設、氷見漁港場外市場ひみ番屋街の取り組みについて、実情を直接把握し、見識を高めるため、行政視察を行いました。

 また、遠方となったため、視察の移動行程を利用し、まちおこしの成功例として有名な滋賀県長浜市の「黒壁スクエア」と、福井県の観光集客施設として注目されている、同県勝山市内の福井県立恐竜博物館の視察も行いました。

a0196709_20535513.jpg

a0196709_20542958.jpg

a0196709_20545030.jpg

 長浜市「黒壁スクエア」を中心に賑わいを創出している数か所へ~

a0196709_2057075.jpg

a0196709_20572335.jpg

a0196709_20574240.jpg

a0196709_20581276.jpg

a0196709_20583337.jpg

 福井県勝山市の福井県立恐竜博物館、最近はここから化石の発掘現場へバスで出かけ実際に採掘するツアーが親子連れ等に人気のようだ~ 



Photo:SONY DSC-TX300V
Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-11-26 21:03 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

第10回 尾鷲おひなさままつりが開催されます~

 第10回 尾鷲おひなさままつりが開催されます~

a0196709_18205446.jpg

 写真は、天満荘の《第9回 おひなさままつり》です。

a0196709_18162039.jpg


 尾鷲を楽しんでください!

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-02-01 18:17 | ミキカズの回覧板 | Trackback | Comments(0)

ヤーヤ祭が始まりました~

 ヤーヤ祭が始まりました~

a0196709_189271.jpg


 今年の梼務町は、北浦町・中井町・野地新町です。明日から4日まで午後7時くらいにこの町に行けば、ヤーヤの練りが観れます!




初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-02-01 18:13 | ミキカズの回覧板 | Trackback | Comments(0)

第28回全国尾鷲節コンクール、彼是・・・ 其の2

 第28回全国尾鷲節コンクールが、11月3日(日)に尾鷲市民文化会館(せぎやまホール)で開催されました。其の2では、屋内の様子を紹介します。

a0196709_1951195.jpg

 優勝者他入賞者のみなさんに贈られるトロフィーや盾です。


a0196709_19525038.jpg

 出場者のみなさんが舞台で唄っている写真をプレゼントしています。

a0196709_19552632.jpg

a0196709_1956137.jpg

a0196709_19565944.jpg

a0196709_19575293.jpg

a0196709_19581951.jpg

a0196709_2001050.jpg

 舞台周りも・・・


a0196709_2004079.jpg

a0196709_201266.jpg

a0196709_2013729.jpg



 優勝&尾鷲節保存会々長賞は石川県金沢市の吉田菜央美さん(23才)、準優勝(2位)&柳蛙会々主賞は駒田早代さん(三重県津市)、、準優勝(3位)&尾鷲市文化協会会々長賞に吉田香央里さん(石川県金沢市)が選ばれ、順次、優秀賞として、尾鷲市議会賞に岡山藍子さん(奈良県橿原市)、尾鷲市教育長賞に塩崎伊公子さん(三重県尾鷲市)、尾鷲商工会議所会頭賞に鈴木やよいさん(愛知県刈谷市)、尾鷲ローターリークラブ会長賞に河窪由紀子さん(京都府京都市)、紀勢新聞社賞に細川澄美枝さん(大阪府大阪市)、藤原梨江さん(和歌山県和歌山市)で選出されました。

 尾鷲節の唄い手ジュニア(小学生)の部 最優秀賞は、愛知県豊川市の森下智彬君(6年生)でした。優秀賞は村田未来さん(三重県尾鷲市)、同じく優秀賞は増田吏桜さん(大阪府堺市)でした。



Photo:SONY DSC-TX300V


初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2013-11-07 20:05 | 尾鷲節、彼是・・・ | Trackback | Comments(0)

第28回全国尾鷲節コンクール、彼是・・・ 其の1

 第28回全国尾鷲節コンクールが、11月3日()に尾鷲市民文化会館(せぎやまホール)で開催されました。

a0196709_7421575.jpg

a0196709_7425343.jpg


 優勝&尾鷲節保存会々長賞は石川県金沢市の吉田菜央美さん(23才)、準優勝(2位)&柳蛙会々主賞は駒田早代さん(三重県津市)、、準優勝(3位)&尾鷲市文化協会会々長賞に吉田香央里さん(石川県金沢市)が選ばれ、順次、優秀賞として、尾鷲市議会賞に岡山藍子さん(奈良県橿原市)、尾鷲市教育長賞に塩崎伊公子さん(三重県尾鷲市)、尾鷲商工会議所会頭賞に鈴木やよいさん(愛知県刈谷市)、尾鷲ローターリークラブ会長賞に河窪由紀子さん(京都府京都市)、紀勢新聞社賞に細川澄美枝さん(大阪府大阪市)、藤原梨江さん(和歌山県和歌山市)で選出されました。

 今大会から、決勝戦に出場された30名の順位と獲得点数(審査員6名で、最高点と最低点を省いた三隅治雄審査委員長及び大澤淡洞氏《日本民謡協会/監事》を含む4名の合計点)が公表されました。

a0196709_7573651.jpg

 審査を務めていただいた先生方です。

 尾鷲節の唄い手ジュニア(小学生)の部 最優秀賞は、愛知県豊川市の森下智彬君(6年生)でした。(写真中央)、写真左は優秀賞の村田未来さん(三重県尾鷲市)、右は同じく優秀賞の増田吏桜さん(大阪府堺市)です。

a0196709_801160.jpg


 会場内外では・・・

a0196709_82731.jpg

a0196709_825754.jpg

 フリーマーケット会場です。

a0196709_832879.jpg

a0196709_84885.jpg

 尾鷲市連合婦人会によるうどんやそば、それに真鯛の刺身等、人気のコーナーです。

a0196709_86503.jpg

a0196709_872083.jpg

a0196709_875856.jpg

a0196709_883152.jpg

a0196709_885737.jpg

 ここも人気コーナーで、尾鷲水産加工組合のみなさんが尾鷲ひもので「お・も・て・な・し」です。毎回無料で振る舞っていただいています・・・、ありがとうございます!

a0196709_8115712.jpg

a0196709_8125192.jpg

a0196709_8133913.jpg



 其の2では、屋内の様子を紹介したいと思います。


 続く・・・ 


Photo:SONY DSC-TX300V


初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2013-11-07 08:18 | 尾鷲節、彼是・・・ | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE