タグ:防災 ( 108 ) タグの人気記事

 

一般質問を行ないました~

 6月21日(火)午前10時より登壇し、一般質問を行ないました。
 以下は、壇上にて読み上げた第一回目の質問の内容です。この後、質問席から一問一答方式で詳細について問いましたが、その内容については尾鷲市ホームページの尾鷲市議会情報で録画放送が配信されていますのでご覧ください。

a0196709_0241334.jpg

 
                             平成28年6月21日(火)

   平成28年第2回定例会 一般質問

                         
7番  三 鬼 和 昭

質問事項及び質問の要旨
  1.まちの活性化について
    (1)小原野地区の有効利活用について
  2.防災について
    (1)オワセグの設置状況と課題について
    (2)オワセグによる情報提供のあり方につい て
    (3)津波避難タワーについて
    (4)防災用品等の備蓄の在り方について
  3.尾鷲総合病院について
    (1)現時点での課題について
    (2)リニアック(放射線治療装置)の整備について   
4.ICT教育について
    (1)現在の取り組みについて

 通告に従い一般質問を行ないます。

 最初に、多様的な意味合いでの「まちの活性化について」、特に小原野地区の有効利活用について問いたいと思います。
 この小原野地区の有効的な利活用については、過去に一度この場に於いてご提案させていただいたことがあります。
 それは県営の総合スポーツ公園整備を要請してはどうかと言うことでありました。しかし、その後、広域でのゴミ処理施設等の整備用地としても議論が「無きにしも非ず」な状況があったことから発言を差し控えていましたが、やはり、南海トラフを震源とする地震による大津波を想定すると、万が一の防災対策の必要性は言うまでもなく、一方では、まちの活性化も施策として置き去りにするわけにはできないのが現在の尾鷲市ではないでしょうか。

 そこで再度、小原野地区の有効利活用について考えたいと思います。折しも、ただ今、第6次総合計画の後期基本計画を策定中でもあり、まち活性化とともに防災対策としても備えるべく、改めて県への総合スポーツ公園整備の要請であります。
 思い起こせば、20年近く前に議員としてなりたての頃、新人ではありましたが2年続けて地域振興対策特別委員長を仰せつかり、杉田市政による第四次総合計画の審査を担当させていただきました。
 その策定された中には、確か賀田湾沿岸の名柄地区をイメージした総合スポーツ公園構想が示されていましたが、その構想は成就されず、後に、当時の海山町大白地区に県営のスポーツ施設が整備され、総合計画策定に関わった同世代の職員が歯ぎしりをしていたことを鮮明に覚えています。

 先般、尾鷲観光物産協会と総務産業常任委員会が意見交換した折にも、温暖な地を活かしたスポーツによる集客交流を提言されており宿泊施設の不足等も述べられていました。

 小原野地区に合宿等も可能な宿泊施設を備えたスポーツ公園を整備できれば、まちの活性化や市民のスポーツ振興にもつながり、もしも津波等による被災時には、そこを有効活用できます。
尾鷲北インターと南インターがつながるまでに、市の施策として考えるべきではないでしょうか。県に対しても地元選出の県議会議員さんとともにお願い、いや、訴えるべきではないでしょうか。岩田市長の考えをお聞かせください。


 2番目の質問は、防災について市の現状を伺いたいと思います。

 先ずは、屋内防災無線としてワンセグ放送を活かした「オワセグ」の設置状況と未整備及び受信確認等の課題についてご説明を求めます。
 次に、情報提供のあり方についてでありますが、現在、各課の諸々のお知らせの放送、或いは事案により、その都度放送されており、利便性が向上しつつあるワンセグ放送をより認知していただくことに努められていることが窺がえます。
 しかしながら、市民から聞いたお話では、急に大きな音声でびっくりしたので電源を切ってあるとかの意見もあり、使用方法を認識していただく手段とか方法も考えなくてはなりません。また、一方では居間の中心部へ設置し議会中継等を楽しまれている方もいると伺っておりますが、何といっても究極は、いざというときにこのオワセグが機能し、市民の生命を守れるかということであり、テレビの20%を超えたとかの視聴率結果とは違い、このワンセグは100%の受信でなければならない使命を持っていることや、市民生活を守るという見地から、今後の取り組みについて考えをお聞かせください。

 そして防災のハード面として、市民の生命を守るという意味では津波避難タワーの整備がかなり遅れています、これまで先進地事例を視察して整備手段を伺ったりしてきましたが、特に総務産業常任委員会で視察をさせていただいた中でも、隣接する熊野市や紀北町では、何故この場所に整備したとか、どのような建物にするかとかについて、行政のみならず、そこに住む住民との議論を重ね道理に叶った整備が行なわれていること、ハード整備の前に、いわゆるソフト部門の取り組みが充実していることを意識せざるを得なかったのでした。
 そういった意味合いからも本市の取り組みについても論理的のみではなく、市民生活に密着した取り組みを望みたいと存じますが、この取り組みに対する市長の考えを伺いたいと思います。

 もう一点は、防災用品の備蓄についてですが、現在、本市は民間施設とも防災協定を結んでいますが、施設によっては避難者には乳幼児や老人も想定されており、飲料水とか食料や毛布等、或いは簡易便器等も含め、少なからずとも被災時には安全確認ができるであろう最低減の一泊二日くらいの防災用品を、防災協定を結んでいる施設にも備蓄していただくべきだと思いますが、防災施策の中でそういった考えとか、取り組みをされようとする議論はなかったのですか、市長に気持ちはございませんか、お答えください。
(夢古道おわせの厨房の整備に関し、津波時の後方支援としての役割から、耐震性は大丈夫か、お米を備蓄するサイロ等を併せて整備するべきではないか)


 3番目は尾鷲総合病院についてですが、現在、三重県地域医療構想が策定されており、各論においては東紀州区域地域医療構想として、この地域の関係者において議論されています。
そこで、この地域医療構想での尾鷲総合病院の位置づけをご説明していただき、特に、課題についてお示しください。

 また、財政的に厳しい中でも尾鷲総合病院の365日24時間、患者を受け入れている体制や取り組みについて敬意を表するものですが、医療人口の減少や医療機器の更新等の現況、一時借入金の現況も含め、病院運営に係る課題についてもご説明ください。

 もう一点は、県のがん診療連携推進病院に指定されている当病院にとって、リニアック(いわゆる放射線治療装置)は現時点で必要不可欠な医療機器と言えるのではないでしょうか。
これまでにも同僚議員から異口同音にこの問題について発言がありますが、現在、この利用不可能になっているリニアックについて新規に更新されるのか、されるのであればその計画を具体的にお示しください。

(ここでも、地元選出の県議会議員さんとともに県行政に訴えるべきではないか。)


 最後の質問は、義務教育におけるICT教育についてです。別名、情報通信技術教育とか情報コミュニケーション技術教育と言われていますが、こういった教育について現状について伺いたいと思います。
 学校教育の場にICT、いわゆる情報通信技術を活用することですが、学校行事等をデジタルカメラで写したものをノートパソコンにプロジェクターを接続し再現する手法は既に取られていると思われますが、最近ではタブレット型端末を用いた教育がすすめられており、教師と生徒のコミュニケーション、或いは生徒同士の学習内容の共有などが容易に行われるようになり、児童・生徒の主体的な学習活動への参加や、学習意欲、思考力、判断力の向上につながることが期待されているようです。

 2013年(平成25年)12月に総務省及び文部科学省は、「フューチャースクール推進事業」「学びのイノベーション事業」などのICT教育事業を行なっており、その成果に基づきICT利活用推進等のガイドラインが策定、そして公表されているようで、2019年(平成31年)までに全児童生徒に一台ずつの情報端末を整備することが予定されていることから、本市の現状をご説明してください。


 一般質問通告者が5人の議員だったことから、明日は休会となり、明後日午前10時から総務産業常任委員会の議案審査等が始まります。



初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2016-06-22 00:27 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成27年度 国道169号線改良促進連絡協議会が開催されました~

 平成27年度 国道169号線改良促進連絡協議会(会長:河上 熊野市長、構成:三重県尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町、奈良県上北山村、下北山村)総会が熊野市文化交流センターで開催されました。

a0196709_18262138.jpg


 委員は、各市町首長、議会正副議長と総務産業等の所管常任委員会正副委員長となっている事から、総務産業常任委員長として村田幸隆議長、濵中佳芳子副議長、中平隆夫副委員長と共に出席しました。

a0196709_18274622.jpg

 議案である平成26年度の事業及び収支報告を異議なく承認し、併せて平成27年度の事業計画と収支予算を認められました。

 その後、奈良県吉野土木事務所及び三重県熊建設事務所長より、平成27年度における国道169号線・309号線の事業概要説明がありました〜

 この道路は、発生が懸念されていいる南海トラフ巨大地震の際には、「紀伊半島のアンカールート」として救急活動の物資輸送等の緊急輸送路として益々重要な役割を担う路線となっており、災害への対応強化はもとより、経済産業等の日常の流通ルートとしても改良促進や整備が必要なことから、それらを強力に推進することを確認した次第です!


 総会会場となった熊野市文化交流センターでは、《クマノミチの【端午の節句】展》が開催されていました。

a0196709_1831460.jpg

a0196709_18312971.jpg




Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-05-13 18:33 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

尾鷲市議会災害行動マニュアルが策定されました~

        尾鷲市議会災害行動マニュアル

                                   平成27年 6月 1日

1.目的

 議会は、市民の意思を代弁する合議制機関であり、行政の監視・調査に加えて、政策立案・立法を行うなどの役割を担っている。
 一方、大規模災害時においては、特に初動時にはこれらの議会機能とは別に、市当局と連携し、被災市民の救援と被害復旧のために、非常時に即応した役割を果たす必要がある。
 このため、尾鷲市議会では東日本大震災の教訓を踏まえ、近い将来発生が予測されている、東海・東南海・南海地震の三連動による大規模災害等に備えるため、以下の基本姿勢に立って取り組みを行うものとする。

 ①当局が災害対応に全力で専念し、応急活動を円滑、迅速に実施できるよう必要な協力、支援を行う。

 ②国、県、関係機関等に適時適切な要望活動を行い、市の復旧・復興に全力で取組む。

 ③上記に当たっては、広域的な視野に立って、関係自治体の議会等と連携する。

※もとより、災害時の非常対応と議会の本来的役割の関係は、固定的なものではなく、災害の規模、状況に応じ、また時間の経過とともに変化するのであり、大規模災害時においては、議員、職員、市庁舎自体が被災することも想定されるため、その状況に応じて的確な対応を図るものとする。


2.基本方針

 ①議会は、災害の状況に応じ、必要な体制を取りながら、尾鷲市災害対策本部(以下「市本部」という。)が行う災害対応に最大限の協力を行う。

 ②議長は、副議長とともに、議会の災害対応に関する事務の総括に当たる。

 ③議員は、①の他、地域の一員として市民の安全確保と応急対応等に当たる。

 ④特に災害初期については、当局が災害対応に専念できるよう、議員からの当局への要望等については、緊急の場合を除き、尾鷲市議会災害対策本部(以下「議会本部」という。)が対応する。


3.災害発生時の対応
 ○初動期(災害発生から概ね24時間が経過するまで)

(1)会議開催中の対応

 ①議長は、本会議開催中に災害が発生した場合、災害の状況に応じ会議を「休憩」又は「延会」の宣言をする。また、議会事務局職員に対し、傍聴者への避難誘導その他安全確保のための対応を行わせる。

 ②委員会開催中は、委員長も同様とする。

 ③議長又は委員長は、議員が速やかに地域での支援活動等を行えるよう配慮する。


 「休憩」を宣言する場合
  ・揺れを感じる程度の地震発生時
  ・庁舎内の火災発生時(延焼被害が著しい場合は、「延会」を宣言)
  ・津波警報が発令された時
    ※休憩後、安全が確認できた場合は会議を再開する。
 「延会」を宣言する場合
  ・安全確保が必要と感じる地震発生時
  ・庁舎内の火災発生時(当日の会議継続が困難と判断できる場合)
  ・大津波警報発表時
  ・警戒宣言発令時


(2)議員の対応

 ①議員は、市内で震度4以上の地震が発生したとき、又は、三重県南部に津波警報が発表されたときは、自ら議会事務局へ所在及び安否を連絡する。

 ②議員は、地域における被災者の安全の確保や避難所への誘導等にできる限り協力する。

(3)議会の対応

 ①議会事務局は、議長及び副議長に被害及び市の対応状況を速やかに報告する。

 ②議長及び副議長は、①の報告を受けて自らの判断により必要と認めた場合は登庁し、必要な議員の参集を求め、議会本部を設置するなどの対応を行う。

 ③議長は、必要と認める場合、議会事務局を通じて議員の安否を確認する。

 ④議長は、議会本部を設置した場合、市長へ通知する。


 ○初動期経過後

(1)議員の対応

 ①議員は、自らの所在を明らかにし連絡体制を確立する。

 ②議員は、地域における被災状況や被災者の要望等の情報収集に努め、必要に応じ議会事務局に情報を提供するとともに、地域の一員として避難所支援など共助の取組みが円滑に行われるよう協力する。

(2)議会の対応

 ①議長は、被災情報を収集・整理し、市本部へ提供を行う。

 ②議会事務局は、市本部からの情報を速やかに正副議長へ報告する。

 ③議長は、議員に対し収集・把握した災害情報の的確な提供を行う。

 ④議長は、状況の確認と所要の対応を行うため、必要に応じ市本部長等との連絡調整に当たる。

 ⑤議長は、被災の実情を踏まえ国、県、関係機関等に対し、適時適切に要望活動を行う。この場合においては、広域的な視点に立って、関係自治体の議会とも十分な連携を図る。

 ⑥議長は、前各号に定めるもののほか、このマニュアルを踏まえ必要な対応を行う。





初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-05-13 15:52 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

各広域議会が開催されました。

 3月25日(水)は、午後1時から平成27年東紀州農業共済事務組合(管理者は熊野市長、副管理者は、御浜町長と紀北町長)議会(熊野市・尾鷲市・紀北町・紀宝町・御浜町)定例会が三重県熊野庁舎で開催され、中平隆夫総務産業常任委員会副委員長と同委員長である小生が出席しました。
 改選された議会があり、同組合議会の議長及び副議長選挙(慣例で、議長には紀宝町議会選出議員、副議長には紀北町議会選出議員)が行なわれ、平成26年度の専決事項の承認や平成27年度予算や共済掛金率の設定等、上程された全議案が採択されました。

 3月26日は、午前10時から平成27年度三重紀北消防組合(管理者は尾鷲市長、副管理者は紀北町長)議会(議長は尾鷲市議会議長、副議長は紀北町議会議長)が紀北広域連合介護保険センター開催され、村田幸隆議長、内山鉄芳予算常任常任委員長、小川公明議員、総務産業常任委員長である小生が出席しました。
 平成26年度補正予算や平成27年度予算を審査し、消防長より予算編成の考えや年間活動方針を伺いました。予算的には、消防救急デジタル整備工事、海山消防署移転新築工事、化学消防ポンプ自動車購入、高規格救急車購入等の大きな費用が計上されています。また、消防組合監査委員や公平委員会委員の選任等もありました。

a0196709_15335052.jpg

a0196709_15343622.jpg


 また、午後1時30分から、平成27年度紀北広域連合(連合長は紀北町長、副連合長は尾鷲市長)議会(議長は紀北町議会議長、副議長は尾鷲市議会議長)が同じく介護保険センターで開催され、村田幸隆議長、真井紀夫生活文教常任委員長、内山鉄芳予算決算常任委員長、榎本隆吉議員、中平隆夫議員と総務産業常任委員長の当方が出席しました。
 新たに指定介護予防支援事業者の指定等に関する条例の制定や紀北広域連合包括支援事業の実施に関する基準を定める条例の制定など、介護制度の改正とともに関連予算などが審査されました。

 紀北広域連合業務には、介護保険事業と障害者支援事業の2つのがあり、審査する会計予算には一般会計のほかに介護保険事業特別会計予算、障害者支援事業特別会計予算、障害者支援サービス事業特別会計予算があります。

 2月の後半から、ずっと、様々な委員会審査を行なっています。31日にも議会運営委員会や全員協議会、そして4月からは、3班に分かれ各地区で議会報告会が開催されます~



Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-03-27 15:56 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成27年尾鷲市消防出初式が行なわれました~

 平成27年尾鷲市消防出初式が行なわれました~

a0196709_15291822.jpg

 市営グランドが改修されてからは、市体育文化会館、そして現在は市中央公民館で開催されていますが、やはり屋外の方が晴れやかで良いような気がしますし、今年のように年明けから日数が経過しすぎているのも・・・、できたら消防団員のみなさんがより士気の高まる式典のあり方も一考すべきではないだろうかと感じました。

a0196709_15561694.jpg

a0196709_15565218.jpg

 本日は団員のみなさんや来賓者、そして関係者等百名少々の式典となりましたが、これまでの功績や精勤とうにより三重県消防協会表彰を第9分団(早田地区)・川口正道分団長ほか10名、紀北支会長表彰を団本部・辻本敏子団員ほか14名、市長表彰を第15分団(梶賀地区)・吉田常盤団員ほか22名が授与されました。
 また、平成25年度に消防庁長官表彰を第7分団(須賀利地区)・世古勝彦分団長ほか8名、三重県知事表彰を第10分団(三木浦地区)・三鬼潤一郎分団長ほか4名が授与されたことが報告されました。

a0196709_1694382.jpg


 このあと、知事(代読)や県議会議員、尾鷲警察署長、そして市議会を代表し村田幸隆議長らが祝辞を述べました。

a0196709_16131274.jpg

a0196709_16125288.jpg

 
 会場入り口には、消防団等を描いた絵画が展示されていました。

a0196709_16172920.jpg

a0196709_16182380.jpg


 式典終了後、市役所庁舎前駐車場で新型車両の展示、及び尾鷲港までの車両パレードが行なわれました。

a0196709_16195555.jpg

a0196709_16201439.jpg


a0196709_16204661.jpg

a0196709_1621953.jpg


a0196709_16334421.jpg






Photo:SONY DSC-TX300V
Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2015-01-10 16:35 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成26年第4回尾鷲市議会定例会での一般質問~

 平成26年第4回尾鷲市議会定例会で12月10日(水)午後より一般質問を行いました。

 詳しくは、インターネット中継の録画をご参照ください。壇上からの1回目の質問は下記のとおりです。



                          平成26年12月10日(水)

     平成26年 第4回尾鷲市議会定例会 一 般 質 問

                               7番 三 鬼 和 昭

質問事項及び要旨

(1)災害に強いまちづくりについて
   ①岩田市長の考える災害に強いまちづくりとは
   ②津波避難タワー整備について
   ③市庁舎等の耐震化について
(2)まちの活性化について
   ①食の拠点づくりについて

 平成23年(2011年)3月11日14時46分に三陸沖で発生した「平成23年東北地方太平洋沖地震」モーメントマグネチュード9.0、最大震度7による災害及びこれに伴う原子力発電所事故による災害については、「東日本大震災」と呼称され、この悲惨な出来事は映像や自身の現地視察により、未だに記憶から消し去れるものでないことは言うまでもございません。

 また、当地方も太平洋熊野灘沖の南海トラフを震源とする大地震が想定されており、東日本大震災後、国や県の災害に対する考え方が示されたり、指導がされています。同時に本市においても行政のみならず、市民の皆さんの防災に対する備えが進められています。
しかしながら、本市の防災対策、特に行政が進める対策についてはハード部門では防災センターを設置していますが、どちらかと言えば、群馬大大学院の片田敏孝教授の指導による率先避難の周知、防災訓練の実施、住民の積極的な参加動機付け、防災教育の促進といった、いわばソフト部門のほうが、市や消防、学校等の行政を中心に、そして市民においては自主防災会や自治会、或いは福祉や保育施設、或いは事業所などが自主的な訓練において実践されていて、「津波は、逃げるが勝ち」言い表していることもあり防災に対する認識が高揚しているように感じられます。
 しかしながら漁業を主たる基幹産業のひとつをしてきた本市は海岸部に街が開けており、想定される津波による浸水地域も広範囲であります。
 今後、これまで以上に少子高齢化が進む中では、避難設備等のハード部門の整備が急がれます。

 そこで、岩田市長に伺いたいと思います。①ソフト&ハード部門を併せた「災害に強いまちづくり」とはどういう定義、いや、理念をお持ちでしたら先ずお聞かせください。

 私は、津波に対する防災対策については、議員となった翌年の阪神大震災後では、この場より災害時の「市役所及び職員の初動体制」を整えるべきと訴え、当時の杉田市長は初動体制マニュアルを作成し、その訓練は現在も続いてるとのことですが、その後も南海トラフでの地震を想定した津波による防災対策を一般質問で取り上げていますが、東北大震災後にはハード部門の充実を痛感し津波避難タワー整備について、既存施設や新設のもの含め平成23年より4回も必要性とともに具現化を訴えていますが、改めて、②津波避難タワー整備について、お示しください。

 また、私の議員として、行政における防災対策の基本となった「市役所及び職員の初動体制」を深く考えると、その根幹は安全な市役所庁舎ありきでなければないのではないかということです。
 そこで、この際、③市役所庁舎の耐震化について、いや、尾鷲市の司令塔の整備について、具体的な構想をお聞かせください。


 次に2番目の「まちの活性化について」ですが、特にハード部門の施設整備として「食の拠点づくり」について伺います。

 「食によるまちづくり」として庁内プロジェクトが組まれ、現在取り組まれている基本計画が年度末には議会及び市民に示されることになっていますが、一方では「道の駅」整備が進められています。この方針については構想が二転三転し、結果的には災害時の後方支援としての防災拠点と整備される際に併せ、隣接地に「道の駅」を「命の駅」としての整備を前提で国の補助を要望する形で進んでいますが、当初の「道の駅」構想にあった大型物販施設議論は消え、尾鷲の案内所、いわゆるゲートウェーイ構想となったことから、基本的には経済的な「まちの活性化」を主に語るべき施策でもないように思えます。

 そこで「まちの活性化」は、企業の誘致とかも考えられますが、これまでの時代の流れから一朝一夕(いっちょういっせき)には成せるものではないことから、世界遺産熊野古道をはじめとする名所旧跡、そして様々なこの地域の産物を生かす考えから、「食によるまちづくり」が提唱されていますが、この件につきましても、平成24年第2回定例会で具体的に市内の海岸部に「海の駅」とか「魚の駅」として物販店の集合施設、いわゆる物販の拠点施設を提案したところ「食によるまちづくり」とともに、その拠点施設をも考えられるとのややもするとファジーな答弁がなされましたが、現実としては、その構想で進んでいるようですが、この施策とて、有に2ヶ年以上経過しており、何かにつけその日暮らしのような行政運営に些か焦りを抱くのは私だけでしょうか。

 物事にも順を追って進めることは肝要なこととは存じますが、時には逆転の発想も大事ではないでしょうか。「食によるまちづくり」基本構想を策定しながら、その「食の拠点づくり」を並行して検討し、でき得る限り高速道路北インターと南インターがつながる前に、尾鷲が活性するまちづくりをしなくては、一旦、高速道路がつながり熊野市までノンストップになれば、折角の食によるまちづくりとして、尾鷲の食を生かそうにも北インター或いは南インターから尾鷲を周遊しなくてはならない現在の環境とは、集客効果に雲泥の差があると考えられます。

 一刻も早く、①尾鷲商工会議所や漁協・農協関係、或いは民間事業者等とも連携をお願いし、共に、この「食の拠点づくり」施策を創りあげるべきだと強く思いますが、岩田市長のお考えをお聞かせください。

これで壇上からの質問を終えます。





初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-12-25 20:42 | ミキカズの一般質問 | Trackback | Comments(0)

平成26年第1回三重紀北消防組合臨時会が行なわれました。

 平成26年第1回三重紀北消防組合(管理者:岩田昭人尾鷲市長、副管理者:尾上寿一紀北町長)臨時会が本日午前10時より行なわれました。

 会期は本日一日限りですが、当方らの尾鷲市議会選出の議員が、村田幸隆議長、内山鉃芳予算決算常任委員長、小川公明議員と総務産業常任委員長である小生に変わったことから、三重紀北消防組合議員としての議席指定とともに、同組合議会副議長である中本 衛紀北町議会議長の指名推薦により尾鷲市議会議長である村田幸隆議員が同組合議会議長に就任しました。

a0196709_1654431.jpg


提出議案は、

 議案第 5号 三重紀北消防組合火災予防条例の一部改正
          について

       6号 工事請負契約について
          (消防救急デジタル無線活動波
                      ・通信指令台整備工事)

          愛知県名古屋市中区
          日興通信(株)名古屋支店
            支店長 相馬 智

          契約金額:523,800,000円
           (予算額:605,776,000円)

       7号 財産取得について

          三重県津市島崎町
          (株)タモリ東海
           代表取締役 斉藤香一

          契約金額:94,824,000円
          (予算額:96,489,000円)


 報告第 1号 専決処分事項について(損害賠償の額の決定) 

          損害賠償額:296,675円


 会議の最後に、本年4月に就任した田中消防長より、三重紀北消防組合の取り組みについての報告とともに自身の主任挨拶があり臨時会は閉じた。



Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-06-27 16:55 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

平成26年度尾鷲市自主防災会連絡協議会総会が開催されました。

 平成26年度尾鷲市自主防災会連絡協議会総会が、5月26日(月)午後7時より市防災センターで開催されました。

a0196709_16351828.jpg


 浜田軫司会長が議長となり平成25年度事業報告・決算報告が行なわれ異議なく承認されたのち、役員改選が行なわれ草の根自主防災会の與谷公孝氏が新会長に選出され、平成26年度の事業計画案及び予算案が承認され、総会は閉じました。

 平成26年度も前年度と同じように避難所運営訓練、近隣市町との交流会、防災講習会や危険物施設等の視察などが行なわれます。


※また、6月8日()午前9時より、市内瀬木山地内(中川河口付近)で平成26年度尾鷲土砂災害総合防災訓練(主催:尾鷲市、協力:三重県)が関係諸団体との連携も元、行なわれます。



Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-05-28 16:52 | 住民自治・自主防災 | Trackback | Comments(0)

片田敏孝教授による『津波避難』に対する防災研究会が行われました。

 群馬大学大学院理工学府の教授で同大学広域首都圏防災研究センター長である片田敏孝氏よる「平成25年度 尾鷲市津波支援事業の成果報告」を基に、『尾鷲市における今後の津波避難促進策の在り方について』と題し、市議会議員及び市幹部職員を対象に防災研修会が昨夜(12日)、議会第二・三委員会室で行なわれました。

a0196709_20321962.jpg

a0196709_2033960.jpg


a0196709_20341435.jpg


 この研修会の主たるところは、これまでに片田教授により作成された当市の津波浸水シュミレーションを基に、南海トラフを震源とする3連動の大津波が来るとの想定のもと、地形や人口の密集度等により津波による避難の動線を割り出すとともに、避難する住民の意識如何で津波避難タワーの設置条件も変わるであろうと説いていましたが、如何せん、行政とそこに住む民が共働して取り組めるかとの結論であった。

a0196709_22292.jpg

a0196709_224088.jpg

a0196709_231794.jpg

 この日の研修資料と片田教授の紹介である。

 以下は、津波避難タワー設置のための条件の数々~

a0196709_2104628.jpg

a0196709_2111119.jpg

a0196709_2115897.jpg

a0196709_13403942.jpg


 尾鷲市のこれまでの取り組みとしては、①市内の全小学校における津波防災教育、②各町内会でリヤカーの設置、③地区懇談会の実施やタウンウォッチングを通じて、地域住民主体の津波避難方法の検討などが同教授の指導のもと進められており、今後の津波避難促進策のあり方として、①災害総合シナリオ・シュミレーションを用いた被害軽減策の検討、②津波避難タワー設置候補地の選定、③津波避難路整備候補地の選定などを説明された。

a0196709_13514171.jpg

a0196709_1352554.jpg

a0196709_13522188.jpg


 また、津波避難事業の方向性として、①避難誘導方策の推進や高台への避難路整備などの優先的に取り組むべき事業、②避難タワー等、はん濫域内の緊急避難施設整備として費用面の課題が解決できることを前提に取り組むべき事業、③既存避難路整備や住民の防災意識啓発を明確にし、これからの防災について如何にあるべきかを徹底すべきとのことであった。

a0196709_140123.jpg

a0196709_1403268.jpg

a0196709_1405732.jpg

a0196709_1412215.jpg


a0196709_1465841.jpg


 景色が良くて食のまち、そして温暖でいろいろなものに恵まれた尾鷲に住むということは、大津波が来るであろうと想定される海と向かい合って生きなければならない・・・、それ故、逃げる~、生き抜く~との防災意識の高揚が必要不可欠であると締めくくった。




Photo:SONY DSC-TX300V


初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-05-14 14:09 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

生活文教常任委員会が3保育園建設予定地、そして宮之上小学校や輪内中学校等を視察しました。

 生活文教常任委員会【委員長:内山鉃芳、副委員長:榎本隆吉、委員:三鬼和昭、南 靖久、奥田尚佳、田中 勲(欠席)】が、午前8時30分から保育園建設用地3ヶ所、そして建設中の宮之上小学校、外壁清掃された尾鷲小学校、旧校舎の基礎未撤去により改修された輪内中学校、そして、南輪内センター&曽根コミュニティセンター建設予定地、増設中の尾鷲市クリーンセンター、馬越公園に建立された皇太子殿下行啓記念碑を視察しました。

a0196709_17104897.jpg


 第1回定例会が終了し、所管する各課において平成25年度の予算が執行された事業現場や新年度に計画されている事業現場の現況確認ということで行なわれた視察で、委員会外から真井紀夫議員、中平隆夫議員、小川公明議員が参加し、全員がバスに乗り込み巡回しました。

a0196709_17145351.jpg

 国道42号に隣接(海側)する矢浜保育園建設予定地


a0196709_17154240.jpg

 第三保育園建設予定地(桜茶屋)


a0196709_1717361.jpg

 宮之上小学校や第二保育園の津波避難道(ここから第三保育園建設予定地へ~)


a0196709_17185385.jpg

 建設中の宮之上小学校(左端が玄関側と中央が校舎、右端が体育館)


a0196709_17211448.jpg

 清掃され、綺麗になった尾鷲小学校の外壁です。このまま防腐剤が入った塗装をすべきだろうと感じた・・・


a0196709_17235757.jpg

 避難階段が整備される中村山公園北壁


 ここで賀田地区まで移動し輪内中学校と曽根町へ

a0196709_17275046.jpg

 テニスコートと畑地、そして駐車場が改修されていた。


a0196709_17281758.jpg

 旧曽根郷土資料館あとに建設されるのだが、この土地には文化財が埋蔵されていることから、今後、約半年かけて調査が行なわれる。


 帰路、尾鷲市クリーンセンターへ立ち寄り、環境課の説明のもと増設工事も視察する。

a0196709_17325689.jpg

a0196709_17331887.jpg

 合併浄化槽の汲み取り時に水分も回収されることから、当初の処理計画した量を越えてしまい、その結果、処理施設が不足となり増設となった様です。


 最後は、馬越公園に設置された皇太子殿下行啓記念碑を見て岐路となりました。皇太子殿下は熊野古道伊勢路の馬越峠越えコースを散策されました。

a0196709_1742549.jpg



 今回の同委員会の視察は、現場進捗と確認の意味での巡回ということもあり、予定された時間をかなり短縮して終えた~




Photo:SONY DSC-TX300V


初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-03-24 17:50 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE