津村 衛 議員の県政報告会

 三重県議会議員として二期目の津村 衛氏の県政報告会へ出席しました。

a0196709_7125863.jpg

a0196709_7133910.jpg

 同じ若手政治家として、合同の報告会をよく持たれているようである。小生にとって、津村 衛県議会議員は同僚市議会議員として市政の推進に努めた間柄であり、当時の紀伊長島町や海山町とにおける平成の大合併が不発に終わった時に、「これからの尾鷲を何とかしなくてはならん!」との志から、小生を議長に推してくれたことを忘れることができない。もちろん他の議員も同じ志をいだいての「尾鷲の出直し」であった。
 それと議会活動では、小生が本会議で予算に関する質疑を推奨していたことから、予算の在り方や事業施策の矛盾などについて、よく意見交換したことをお覚えている・・・、『地にしっかりと足をつけて活動される議員!』というのが彼に対する印象である。見てくれとは真逆に地味な活動をされる方である。

 また、藤田大助衆議院議員にも議長当時、議会の代表として何度か陳情をお願いし、お世話になっている。

 特に、この度の報告会では、お隣の和歌山県選出の玉置公良主衆議院議員による「世界遺産連盟の目的と今後の取り組み」と題した特別講演と、県立熊野古道センターを運営する特定非営利活動法人熊野古道自然・歴史・文化ネットワークの理事長である花尻 薫氏の講演もあり、どちらかといえば、このお二人の講話に多くの時間がとられていた。

a0196709_7552014.jpg
 玉置代議士は和歌山県議会議員を3期務めており、当時(平成10年)から熊野古道を世界遺産にと実現をめざし、議会において一般質問に取り上げていた方である。

 小生も、その頃に「熊野古道で集客を、そして町の活性化を」としたテーマで、当時の総合計画の理念「交流都市~集客により消費人口を増やす施策~」を念頭においた一般質問をおこなっている。

 
 
a0196709_814864.jpg
 一方の花尻氏も熊野において、早くから、生活の道としても地域をつないでいた熊野古道の整備や保全など、いわゆる掘り起こしに努めてきた第一人者である。

a0196709_83090.jpg

a0196709_832173.jpg

 この日の講話では、玉置代議士の「文化財指定とか、世界遺産登録までは国の予算がつくが、それ以降は何もつかない・・・、そのことから国内の世界遺産登録地が手を結び、整備や保全にも国の予算をつけることや、やはり地域の活性化に結び付くような国の手立てを要望していく」と、言っていたことが耳に残った。

a0196709_874460.jpg

 政局ばかりに走りまわっていないで、国の憂いや地域の活性を党派を超えて取り組まなくてはならない問題が山積しています。特に、過疎化が進む地方では明日の夢すら、見るのが乏しくなってきている。

 会場には、中垣克朗議長など紀北町会議員も含め数名の議員とともに、世界遺産「熊野古道」で整備や保全、或いは語り部等の方々が多く、国での取り上げ方に注目していることを述べていた。

 国政・・・というより、政局に対する不満を叱咤激励する参加者もいたが、この日の報告会は純粋に地域の財産である熊野古道のこれからの対策や、やはり地域の活性に生かしたい思いが語られていた。

 
 これからも、良い話はどんどん聴きに行こうと考える。



Photo:SONY DSC-W200

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2011-08-08 08:29 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mikikazu2.exblog.jp/tb/13231831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 宮城県へ行ってきます! おわせ港まつり ~海上花火大会~ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE