一番分かり易い議会及び議員活動の証とは?

 議会運営委員会と全員協議会が昨日開催され、今回行われた議会報告会について反省点などの意見をそれぞれ述べ、次回への申し送りとしました。

 参加者数が少なかったことで、市民のみなさんへの周知の仕方について建設的な意見が出されました。特に、市広報での取り扱いや地元紙へのテレビ放送などの案内広告時に同時に記載する案などでした。

 また、議会報告の内容については、議案に対し全会一致の場合を除くと賛成多数等の場合、少数意見を説明(実際は述べる議員がいたが・・・)する機会が難しいので、今後議員間討論の場を積極的に作り議案に対する賛否の立場や議論を明確ににすべしなどの意見が出てきたことから、できるだけ議員間討議の場を持てるようなシステムの構築が提案された。
 市長の反問権とともに議員間の討議が今後の施策決定に活かされれば、大いに賛成ではあるが議会議決は民主主義のルールを適用していることから、最終的には賛成での採決となるので、そこで決まったことが議会の決定事項となるので、特に議長や委員長はその決定事項に基づいて説明をし、あとは少数意見としてこう言う意見や考えがあったと補足説明をするのが常道であり、幾ら自身の重要な意見だとはいえ少数意見を大きくふくらますことは避けねばならないと考える。


 また、全員協議会では、議案の結果報告より議会及び議員の活動としての公開が問われた。そのことは現在はインターネットに過去の記録も録画放映されているし、議事録の閲覧ができることもあるが、詳しく聴くところによると、議員の会議への出欠や一般質問、それに議案に対する質疑や討論を議員名を挙げて、積極的にインターネットの市ホームページ(尾鷲市議会情報)で公表すべきと言いたかったようである。

 議員個々がやればいいことでもあるが、常に非常勤と言う変則的な勤務の立場であればこそ、行なう議員と行なわないとか、或いは極めて少ない議員の活動が同じ評価では、それこそ不公平であり、会議への出欠や無断欠席や遅刻なども同じだといえる。そのことを述べたかったのだろう・・・

 この一般質問等の発言回数や、会議への出欠がある意味で一番分かりやすい議会及び議員活動の証かもしれない!

a0196709_2246960.jpg




初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2013-04-23 14:55 | ミキカズの一般質問

<< 尾鷲市議会議員選挙の説明会に出... 曽根町『浄ヶ城』のオンツツジを... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE