養護老人ホーム 尾鷲市立《聖光園》を視察しました。

 養護老人ホーム 尾鷲市立《聖光園》を生活文教常任委員会(内山鉄芳委員長)が視察しました。

a0196709_2032216.jpg

a0196709_2041648.jpg

 この施設は、尾鷲市より社会福祉法人 長茂会を指定管理者として平成19年4月1日より管理運営を委託しているもので、現況を視察しに出かけたのであった。

※養護老人ホームとは、環境的、経済的な理由などから、自宅で生活することが出来ない65歳以上の高齢者を対象に利用していただく施設です。もともとは、生活保護法の養老施設の流れをくんでいるもので、主に生活困窮者を対象にしています。また養護老人ホームのご利用については、公的機関の判定に基づいて決定されています。

a0196709_2013884.jpg

 宮本忠明施設長の説明では、平成24年度の利用者の平均は48.9名で平均年齢が83.2才、利用者の市町別措置数では尾鷲市34名、紀北町5名、熊野市4名、御浜町4名、紀宝町3名です。
 また、利用者の自己負担金(平均額)は24,783円/1ヶ月とのことでした。

a0196709_20202493.jpg
機能回復(リハビリテーション)室

機能の低下を防ぐ~

a0196709_20211223.jpg
利用者の作品


 職員数も法定数より多く配置している。施設長1名、相談員2名、看護師1名、栄養士1名、事務員1名、支援員6名(夜間を含む)配置されており、介護福祉士3名のほか、掃除や洗濯等の業務に知的障害者の雇用(パート)も行なっているとのことでした。


 精神病院の地域復帰施策として精神障害の経度患者の受け入れや、知的障害者の受け入れ適切に対応している。
 反面、平均年齢が高くなり、介護認定高齢者20名や要支援6名となっている。

 虐待、災害等による短期宿泊事業の利用を近隣市町にPRしていることや、看護師によるリハビリ訓練や、ふるさと訪問などの遊びリーテションを開発実施している等々の報告を受けた。


 基本的には、指定管理者としての業務についてチェックするのが所管常任委員会の仕事ではあるが、その業務はしっかり運営実施されており、むしろ、こちら側が養護老人ホームの現実的な業務について改めて勉強させていただく結果となった視察である。



Photo:SONY DSC-TX300V

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2013-04-29 20:42 | ミキカズの活動日記

<< 御浜町の津波避難タワーも見てき... NPO法人 あいあい 尾鷲スイ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE