平成26年度 第1回尾鷲市議会定例会が全28議案を可決し閉会しました。

 2月25日(火)に開会した平成26年度 第1回尾鷲市議会定例会は初日に上程された下記25議案と、3月18日(火)の最終日に追加された議案第26号 尾鷲市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、議案第27号 平成26年度尾鷲市一般会計補正予算(第1号)の議決について、議案第28号平成25年度尾鷲市一般会計補正予算(第6号)の議決についての計28議案を可決し閉会しました。

議案第 5号 尾鷲市みえ森と緑の県民税市町交付金基金の設置、管理及び
         処分に関する条例の制定について
      6号 尾鷲市事務分掌条例及び尾鷲市議会委員会条例の一部改正
         について
      7号 尾鷲市営住宅条例の一部改正について
      8号 尾鷲市水道事業給水条例の一部改正について
      9号 尾鷲総合病院使用料及び手数料徴収条例の一部改正について
     10号 尾鷲市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例
         の一部改正について
     11号 平成26年度尾鷲市一般会計の議決について
     12号 平成26年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計予算の議決
         について
     13号 平成26年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計予算の議決
         について
     14号 平成26年度尾鷲市公共下水道事業特別会計予算の議決
         について
     15号 平成26年度尾鷲市病院事業会計予算の議決について
     16号 平成26年度尾鷲市水道事業会計予算の議決について
     17号 平成25年度尾鷲市一般会計補正予算(第5号)の議決
         について
     18号 平成25年度尾鷲市国民健康保険事業特別会計補正予算
         (第3号)の議決について
     19号 平成25年度尾鷲市後期高齢者医療事業特別会計補正予算
         (第3号)の議決について
     20号 平成25年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第3号)の議決
         について
     21号 平成25年度尾鷲市水道事業会計補正予算(第2号)の議決
         について
     22号 尾鷲市コミュニティバスの指定管理者の指定について
     23号 尾鷲市民文化会館の指定管理者の指定について
     24号 尾鷲市道路線の認定について
     25号 尾鷲市公平委員会委員の選任について

報告第 1号 財団法人尾鷲市開発公社の清算結了について


※なお、議案第11号はと議案第26号は、市民のニーズに答え、本年度に有料指定ごみ袋10ℓを製造する費用と10ℓ指定ごみ袋の料金を設定する関連予算と条例制定に反対者1人がいたことと、議案第17号では、市民プール調査費用のうち、民間施設については市の所有物としなくてはならないことから地権者の問題や施設の譲受けについてと、ある程度想定される整備規模の説明不足等や、海抜3.5mという津波浸水想定域にある問題などの課題についても、執行部からは何ら対応策の考えなどが示されなかったことから予算計上された250万円のうち尾鷲中学校プール調査費100万円のみを認める方向性が圧倒的多数だったことから、議長の除く全議員が参加する予算決算常任委員会で議員発議による減額修正され、2回の採決を要することとなった。結果は、修正案に2人の議員が反対したものの賛成多数で可決となった。
 この予算計上には、当初予算計上せずに補正予算対応ですぐに繰越明許との扱いや、学校教育費と社会教育費に分けて予算措置をするべきなどの意見も飛び交い、調査費全額を減額するべしとの意見もあったことを記しておくことにする。
 
 それ以外の議案は全会一致で可決されたが、平成25年度尾鷲市一般会計予算及び平成26年度尾鷲市一般会計予算とも事務的な判断ミスで、最終日に急きょ補正予算措置を取る議案が追加されるなど、事業の流れを見誤ったことが原因と岩田市長や二村教育長が詫びたように、全体的に行政業務の従事に対する厳しさが足りないと言わざるを得ないようなことが多すぎる・・・、結果となった。


 それにしても、尾鷲市役所・・・、大丈夫なのだろうか・・・、少なくてもサービス業(あくまで住民福祉の・・・ではあるが!)として尾鷲市で一番のエリート集団なければならないことは論を俟(ま)たないのであるが、施策能力、実現力、説明および表現力、そして大事な組織力をもって取組まなければならないのであるが、もし、個人の資質の問題であるとしたら市民には重大な損をもたらすことになるのである!

 4月からは、年代的にも大きな転機となろう人事(以前に職員採用で「若干名」との名目で大量採用をしてしまい7年間も職員採用を行なわなかったことから年齢的に断層が生じているツケ)が行なわれたが、職員一人ひとりが歳費に比例する仕事をこなしてこそ成り立つ住民サービス業であるので、課のみならず個人の連携をも強化され効率のよう行政運営をばかりである。


a0196709_19404027.jpg



初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-03-20 19:41 | ミキカズの活動日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mikikazu2.exblog.jp/tb/19588935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 我が母校~、尾鷲市立三木小学校... 尾鷲市自主防災会連絡協議会が避... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE