平成26年第3回尾鷲市議会定例会が再開されました~

 平成26年第3回尾鷲市議会定例会が本日午前10時より、本会議場で再開されました。

 9月2日(火)に上程され留保されていた議案については、この間各議員による調査が行なわれましたが、その議案に対する質疑の通告は2名でした。そのうちの1名が小生であり、本日、通告に従い質疑を行ないました。

 その質問内容は下記の通りです。なお、質疑応答については市ホームページにある議会中継(ユーストリーム)をご参照ください。


    平成26年第3回定例会 議案質疑
                         7番  三 鬼 和 昭

議案第36号 尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に
         関する条例の一部改正について
議案第38号 平成26年度尾鷲市一般会計補正予算(第4号)
         の議決について
議案第41号 平成26年度尾鷲市病院事業会計補正予算
         (第1号)の議決について


 以上の3点です。先ずは、説明者が同じということで、議案第36号 尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、そして、議案第41号 平成26年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第1号)の議決について、この2点について質疑を行います。

 議案第36号 尾鷲市委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでは、平成25年第4回定例会で制定されたバディホスピタル医師の報酬は、「月額850,000円以内において予算の範囲で市長が定める額」となっていますが、病院より示された報酬の支給実績では5月より条例で定めた予算の範囲を超えて支給されています。

 具体的にこの報酬の額の算出根拠について伺いたいと思いますが、平成25年第4回定例会での説明では、特殊勤務手当相当分41万円や医師技術についての10万円等とともに、当直業務や時間外勤務等に対する相当分を上乗せしてもトータルの金額を、この条例で言う報酬としていますが、この時点では当直勤務を月4回としています。この当直が増えた理由をご説明ください。

 病院側が作成した参考資料によると、宿日直回数が9回と、条例制定時の4回をはるかに上回るどころか、医師の健康状態を考えた上のことなのかと心配するとともに、労務上の問題はないのか、この宿日直回数は再考すべき問題ではありませんか。


 また、7月分の額を参考にすると、今回改正をされようとしている120万円は理解できますが、労務上の、或いは医師の健康面を考えると、この上限はもう少し低くなるのでしょうか。

 これらの条例制定についても、監査委員の指導により制定するなど地方自治法の下で公務を行う地方自治体の立場を鑑みると、お粗末としか言いようのない病院事業会計のありさまです。
 
 条例制定という,いわば立法府を兼ねる意義やその条例に対する議会の議決権に対する理解の希薄さと、地方自治法の存在を軽視した対応に、議会人の一員として、何とも言いようのない虚しさを感じます。

 この条例を制定した本会議場で、予算の範囲を定めた岩田市長と実務を担当されている責任者である諦乗事務長の所見を伺いたい。特に、服務違反(条例違反)を犯した職員に対する今回の問題について岩田市長の見解を伺います。

 次に、関連しますので議案第41号 平成26年度尾鷲市病院事業会計補正予算(第1号)の議決について伺います。

 今回議会運営委員会で指摘させていただいたことにより、ふるさと納税で寄付された50万円が資本的収入として計上されましたが、別途積立金を設けているわけでもないことから、現在の病院事業会計の欠損金を考えると今年度収入とする、いわゆる収益的収入とされるほうがいいのではないですか。


 議案第38号 平成26年度尾鷲市一般会計補正予算(第4号)の議決についてのうち、説明書の28~29ページ、第6款第1項第2目の19節補助金 10,000千円は尾鷲商工会議所が行なう地域商品券1億円を発行に係る、謂わばプレミアム分を市が担う形での補助金となり、その概要について市政報告で述べております。

 改めて、補助要望された尾鷲商工会議所が行なうこの地域商品券発行に係る総事業費及び内訳をお示しください。

 また、この地域商品券の発行は3度目となりますが、その都度その都度の単発事業のように思えてなりません。第1回目の発行後、「尾鷲よいとこスタンプ」事業が始まっており、現在も引き続き行われています。
しかしながら、商品券発行後は扱い店のみの集計が主なデーターのようですが、今後の課題として商品券購買層についても子育て世帯とか、若い世代に有効活用していただけるような取り組みも必要かと思いますが、そういった手立てについて市として具体的な要請をされていないのか、

 この商品券扱い店により、これまでのこの期間の売り上げと、今回の事業による売り上げの比較等についても調査されないのですか。もちろん、尾鷲商工会議所との連携の下での取り組みとしてですが。

 次に、こういった事業について、今後も行うべきか否か、そして、特に、補助のあり方についての基本的な考え方(全額補助とか折半とか・・・)についてもお示しください。

 以上が小生の質疑内容ですが、議案第36号については三鬼孝之議員も労働基準法に基づき、医師の勤務体制について問いました。


 この後、一般質問が行なわれ、田中 勲議員、高村泰徳議員が登壇し、通告した質問内容に沿って岩田市長に問いました。


 明日も午前10時より本会議が開会され、3人の議員が一般質問を行ないます。


a0196709_1935999.jpg

 今日の尾鷲港は、台風の影響でどんよりした・・・

 早くスカッとした尾鷲にしたいものです!




Photo:docomo iPhone 5s

初版 三鬼和昭の“日々是好日” は、ここから・・・


Facebook(三鬼和昭/miki-kazu)でも、情報発信を行なっています!

ご訪問いただき、ありがとうございます。040.gif
  記事を読んでいただき感謝です。 これからの励みに・・・ポチッと!


『日本ブログ村』人気ランキングに参加しています。
  全国市区町村議会議員BLOGの人気ランキングは、ここから・・
063.gif
  三重県(尾鷲)情報BLOGの人気ランキングは、ここから・・・056.gif

地域のための議員BLOG集約サイト『まちの種』は、ここから・・・058.gif
[PR]

  by mikikazu0802 | 2014-09-08 19:37 | ミキカズの活動日記

<< 平成26年第3回尾鷲市議会定例... 平成26年 第3回尾鷲市議会定... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE